夢 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プロフィール
リングネーム
本名 熊谷 春香
身長 125cm
体重 23kg
誕生日 (2002-04-02) 2002年4月2日(15歳)
出身地 東京都江戸川区
所属 フリー
スポーツ歴 シュートボクシング
トレーナー 風香
デビュー 2011年1月23日
パッション・ナッキー
テンプレートを表示

(はるか、2002年4月2日 - )は、日本の女性プロレスラー。本名、熊谷 春香(くまがい はるか)。東京都江戸川区出身。スターダム所属の小学生レスラー

父は接骨院を経営している。

所属[編集]

来歴[編集]

風香に憧れてシュートボクシングを始め、2010年、風香の一番弟子として入門[1]

8月29日に行われたSHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010における「風香プロデュース〜女子キッズスペシャルマッチ」に「熊谷夢」として出場して植村風香に判定勝ち。

その後、スターダムにキッズ枠として入団し、リングネームを「夢」とする。11月12日、第1回プロテストで合格[2]

12月17日。「JEWELS 11th RING」に他の所属選手とともにデモンストレーションを行い、板割りを披露した[2]

2011年1月23日、新木場1stRINGで開催された「スターダム旗揚げ戦 〜Birth of nova 新星誕生!〜」でプロレスデビュー。「キッズ・ファイト〜夢のプロレス物語〜」と題してパッション・ナッキーと3分1本勝負も時間切れ引き分け[3][4]。夢は体格が大きくなるまでキッズファイト(3分1本勝負)として試合が組まれることが発表されている[2]

2月12日、第2戦はパッション・セブンと対戦。

2月27日、第3戦はスターダム所属外として初参戦となる広田さくらと対戦。広田の提案によりレフェリーの掛け声で試合を始め、触れ合った瞬間にゴングがなると言う変則ルールとなった[3]。この試合より新コスチュームとなる[3]

3月27日、広田と再戦。

4月3日、大阪大会で初めての男子となるえべっさんと対戦。

4月10日、高橋奈苗と対戦。夢は健闘を見せて、高橋から鉢巻をプレゼントされた[3]

4月24日、ゆずポンマスクと対戦。

4月30日、まず第2試合でマスクド・ヒロヨンと対戦。続いて「元気で行こう!奈苗JAPAN情熱注入」に4番手で登場し、最初「キッズファイトなので3分」とアナウンスされるも、夢は「これはキッズファイトじゃない」と[3]とアピールし、4分に延長された(他選手は5分)。

5月8日、夏樹☆たいようと対戦。

5月29日、美闘陽子と対戦。

6月12日、チェリーと対戦。

6月26日、星輝ありさと対戦。この試合は5分に延長された。

7月、休業。

得意技[編集]

  • ドリームキック

脚注[編集]

  1. ^ 世IV虎vs須佐えり 風香のオフィシャルブログ 2011年5月13日
  2. ^ a b c NEWS Archived 2013年2月6日, at WebCite スターダム公式サイト
  3. ^ a b c d e RESULT Archived 2013年4月29日, at WebCite スターダム公式サイト
  4. ^ 女子プロレスの星となるか、新団体「スターダム」が旗揚げ(1/2)[リンク切れ] スポーツナビ 2011年1月23日

関連項目[編集]