大中臣為定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大中臣為定
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 正四位上神祇権大副
主君 土御門天皇
氏族 大中臣氏
父母 父:大中臣為仲
テンプレートを表示

大中臣 為定(おおなかとみ の ためさだ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての貴族神官

経歴[編集]

第41代祭主・大中臣為仲の子。官位正四位上神祇権大副

神祇権少副・造内外宮使などを経て、正四位上・神祇権大副で卒去。享年64だったという。

延喜年間に撰集された大中臣氏の系帳(大中臣本系帳)を書き継ぎ、元久2年(1205年)『大中臣氏系図』を撰進した。

参考文献[編集]