大久保徳明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大久保 徳明
おおくぼ のりあき
Ohkubo Noriaki.jpg
生誕 1860年9月29日
日本の旗 土佐国 土佐郡 小高坂村後町
死没 (1917-04-20) 1917年4月20日(56歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1879 - 1914
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 陸軍中将
テンプレートを表示

大久保 徳明(おおくぼ のりあき、1860年9月29日万延元年8月15日[1]) - 1917年大正6年)4月20日[1])は、日本の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

1860年(万延元年)、土佐国土佐郡小高坂村後町(現在の高知県高知市)居住の土佐藩士・大久保幸策の三男として生まれた。

1875年(明治8年)、陸軍幼年学校を経て陸軍士官学校(旧3期)[1][2]に進み1879年(明治12年)12月22日、工兵少尉に任官[3]1883年(明治16年)2月28日工兵中尉に、1886年(明治19年)10月4日工兵大尉に昇進[4]1888年(明治21年)11月17日、陸軍士官学校教官に補される[5]

1895年(明治28年)3月23日工兵少佐に昇進[6]し、陸軍大学校教官、宇品運輸通信支部員などを経て、1898年(明治31年)10月1日、工兵中佐に昇進[7]1902年(明治35年)5月5日、台湾陸軍補給廠長となり[2]、6月1日、工兵大佐に昇進[2][8]1904年(明治37年)4月1日、陸軍運輸部本部長兼宇品碇泊場司令官に就任し、日露戦争の後方支援を担った[1][2]

1906年(明治39年)7月6日、陸軍少将に進級し陸地測量部長に着任[1][2][9]1912年(大正元年)12月26日、陸軍中将に進み旅順要塞司令官に就任[1][2][10]1913年(大正2年)8月22日、待命となり[1][2][11]1914年(大正3年)5月11日、予備役に編入された[1][2][12]1917年(大正6年)4月、56歳で死去。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

親族[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官辞典』143頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』60頁。
  3. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』57、60頁。
  4. ^ 『官報』第983号、明治19年10月8日。
  5. ^ 『官報』第1618号、明治21年11月19日。
  6. ^ 『官報』第3519号、明治28年3月27日。
  7. ^ 『官報』第4579号、明治31年10月3日。
  8. ^ 『官報』第5671号、明治35年6月2日。
  9. ^ 『官報』第6906号、明治39年7月7日。
  10. ^ 『官報』第124号、大正元年12月27日。
  11. ^ 『官報』第321号、大正2年8月23日。
  12. ^ 『官報』第534号、大正3年5月12日。
  13. ^ 『官報』第1124号、明治20年4月2日。
  14. ^ 『官報』第2707号、明治25年7月7日。
  15. ^ 『官報』第4289号、明治30年10月16日。
  16. ^ 『官報』第5790号、明治35年10月21日。
  17. ^ 『官報』第6979号、明治39年10月2日。
  18. ^ 『官報』第8502号、明治44年10月21日。
  19. ^ 『官報』第558号、大正3年6月11日。
  20. ^ 『官報』第1948号、明治22年12月24日。
  21. ^ 『官報』第3131号、明治26年12月5日。
  22. ^ 『官報』第3693号、明治28年10月19日。
  23. ^ 『官報』第5613号、明治35年3月25日。
  24. ^ 『官報』第7034号、明治39年12月8日。
  25. ^ 『官報』第402号、大正2年11月29日。
  26. ^ 『官報』第6149号、明治36年12月29日。
  27. ^ 『官報』第7930号、明治42年11月29日。
  28. ^ 『官報』第7952号、明治42年12月24日。
  29. ^ 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年、48頁。

参考資料[編集]

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。ISBN 9784829502730。
  • 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』外山操、芙蓉書房、1981年。ISBN 9784829500026。


軍職
先代:
藤井包總
陸地測量部
第4代:1906年7月6日 - 1912年12月26日
次代:
牧野淸人
先代:
中村愛三
旅順要塞司令官
第5代:1912年12月26日 - 1913年8月22日
次代:
青木宣純