大久保忠卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大久保 忠卿(おおくぼ ただあき、延享3年5月19日1746年7月7日) - 明和6年2月10日1769年3月17日))は、江戸時代中期の大名下野烏山藩3代藩主。烏山藩大久保家4代。

2代藩主大久保忠胤の次男。母は奥崎氏。正室は本多正珍の娘。官位は従五位山城守。

生年は寛保3年(1743年)とも。宝暦9年(1759年)、父の隠居に伴い家督を相続する。明和6年(1769年)、父に先立って24歳で死去した。嗣子がなかったため、弟の忠喜が跡を継いだ。墓所は東京都世田谷区太子堂教学院