大久保忠由

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大久保忠由
時代 江戸時代
生誕 元文元年11月19日1736年12月20日
死没 明和6年10月1日1769年10月29日
戒名 雲岳了空光輪院
墓所 東京都世田谷区太子堂教学院
官位 従五位下加賀守、大蔵少輔、安芸
幕府 江戸幕府
相模国小田原藩
氏族 大久保氏
父母 父:大久保忠興、母:鈴木氏
養母:柳沢吉里の娘
兄弟 忠由、忠厚
正室:榊原政岑の娘、側室:小川氏
忠顕、忠彦(三男)

大久保 忠由(おおくぼ ただよし)は、相模小田原藩の第5代藩主。小田原藩大久保家7代。

元文元年(1736年)11月19日、第4代藩主・大久保忠興の長男として小田原城で生まれる。宝暦13年(1763年)9月10日、父の隠居により家督を継ぐ。

宝暦14年(1764年)5月に倹約令を出して藩財政の再建を目指したが、病弱だったために藩政に力を振るえず、明和6年(1769年)10月1日に死去した。享年34。

跡を長男・忠顕が継いだ。