大久保忠美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

大久保 忠美(おおくぼ ただよし、文政3年3月9日1820年4月21日) - 元治元年8月20日1864年9月20日))は、江戸時代後期の大名下野烏山藩の第7代藩主。烏山藩大久保家8代。

第6代藩主大久保忠保の三男。母は水野忠光の娘。官位は従五位佐渡守。

兄の忠寿がいたが廃嫡され、代わって嫡子となる。嘉永元年(1848年)、父の死去に伴い家督を相続した。元治元年(1864年)に45歳で死去し、跡を長男の忠順が継いだ。