大久保教倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大久保 教倫
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦元年(1751年
死没 安永2年5月9日1773年6月28日
改名 吉之丞(幼名)、教倫
戒名 本宗一相観達院
墓所 東京都世田谷区太子堂教学院
官位 従五位下長門
幕府 江戸幕府
駿河国松長藩
氏族 大久保氏
父母 父:大久保教起
婚約者:板倉勝興の娘
実子:なし、養子:教翅
テンプレートを表示

大久保 教倫(おおくぼ のりみち)は、駿河松長藩の第4代藩主。荻野山中藩大久保家4代。

宝暦元年(1751年)、第3代藩主・教起の長男として生まれる。宝暦5年(1755年)に父が死去したため家督を継いだ。明和4年(1767年)12月16日、従五位下、長門守に叙任する。明和7年(1770年)11月26日、田安門番を務めていたとき、番舎を焼失させるという不手際を起こしたため、明和8年(1771年)まで出仕を停止させられた。

安永2年(1773年)5月9日に死去した。享年23。子はなく、跡を養子の教翅が継いだ。