大久保良順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大久保 良順(おおくぼ りょうじゅん、1915年9月11日 - 2010年10月28日[1])は、天台宗の僧。大正大学長を務めた。

神奈川県平塚市生まれ。1938年大正大学文学部仏教学科卒。40年同大学院修了。天台宗天王寺住職。大正大学助教授、教授、1985年学長[2]。天台宗大僧正三十三間堂本坊・妙法院門跡、同名誉門主大久保良峻は甥。

著書[編集]

  • 観音経入門』大蔵出版 大蔵新書 1977
  • 『一乗要決』仏典講座 大蔵出版 1990
  • 法華経の教え 戸津説法』春秋社 1997

共編など[編集]

記念論文集[編集]

  • 『仏教文化の展開 大久保良順先生傘寿記念論文集』山喜房仏書林 1994

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大久保良順氏が死去:日本経済新聞
  2. ^ 『現代日本人名録』