大久保英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大久保 英雄
人物情報
生誕 1934年
日本の旗 日本 福岡県小倉市(現・北九州市
国籍 日本の旗 日本
出身校 九州大学医学部卒業
学問
活動地域 北九州市立医療センター
新栄会病院
北九州市保健福祉局
公益社団法人日本糖尿病協会
研究分野 医学
内科
消化器
肝臓病の研究
研究機関 九州大学
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ大学
学位 医学博士
主要な作品 「ヘム蛋白の酵素的解裂」(The enzymatic degradation of heme proteins into bile pigments)(1967年、博士論文)
学会 日本肝臓学会
日本消化器病学会[1]
日本内科学会
テンプレートを表示

大久保 英雄(おおくぼ ひでお、1933年 - )は、日本の医学者九州大学医学部第一内科元准教授医学博士1967年、同大学にて取得)[2]。専門は内科消化器病、肝臓病の研究。

経歴[編集]

福岡県小倉市(現・北九州市)生まれ。福岡県立小倉高等学校を卒業[3]九州大学医学部を卒業[4]。 同大学第一内科に入局し、1967年、同大学にて医学博士を取得。同年から同大学第一内科講師、1978年から1985年まで同大学同科助教授を歴任。その間、1969年アメリカオクラホマ大学に留学。公益社団法人日本糖尿病協会員。1992年から1999年まで北九州市立医療センター総括副院長。新栄会病院最高顧問北九州市保健福祉局嘱託医、肝臓友の会顧問、公益社団法人日本糖尿病協会療養指導医である。

研究・論文[編集]

  • 1967年「ヘム蛋白の酵素的解裂」(The enzymatic degradation of heme proteins into bile pigments)[5]で、医学博士となる。(九州大学にて)
  • 1971年「胸壁に穿通した肝膿瘍の1治験例」
  • 1972年「先天代謝異常 (新版:検査計画法(特集) 先天性疾患) 」「巨細胞性核内封入体症を合併した白血性細網肉腫症の1例」[6]
  • 1973年「多彩な臨床症状を呈し診断困離であったHodgkin病の1例」
  • 1975年「一過性に尿崩症をきたした肝硬変症の1例」
  • 1980年「急性相反応蛋白 (血漿蛋白異常症《特集》)
  • 1981年「IgA単独欠損症に全身性エリテマトーデスが発症した1例」[7]
  • 1984年「多発性骨髄腫における免疫グロブリン低下機序に関する一考察」
  • 1983年「B cell, helper T cell, suppressor T cellの機能異常が証明されたcommon variable hypogammaglobulinemia」
  • 1991年「Procainamideおよびquinidineの長期投与後に発症したSLE様症候群の1例 」
  • 1993年「糞腺虫過剰感染症候群を合併した全身性皮膚硬化症(PSS)と多発性筋炎(PM)のoverlap症候群の1例」[8]

共著[編集]

  • 1984年「正常色調の肝臓を有し,胆汁酸の再上昇現象を呈した慢性肝炎合併Dubin-Johnson症候群の1例 A case with Dubin-Johnson syndrome complicated by chronic hepatitis with a liver of normal appearance and a secondary rise in oral bile acid tolerance test.」[9]

脚注[編集]