大事件だよ全員集合!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大事件だよ全員集合!!
監督 渡邊祐介
脚本 渡邊祐介、田坂啓森崎東
製作 沢村国男、井沢健
出演者 ザ・ドリフターズ
松坂慶子
長谷川明男
伴淳三郎
中尾ミエ
アグネス・チャン
音楽 たかしまあきひこ
主題歌 「燃ゆるドリフだ」(ザ・ドリフターズ)
撮影 荒野諒一
編集 寺田昭光
配給 松竹
公開 日本の旗 1973年12月26日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 チョットだけョ全員集合!!
次作 超能力だよ全員集合!!
テンプレートを表示

大事件だよ全員集合!!』(だいじけんだよぜんいんしゅうごう!!)は、1973年に制作・公開されたドリフターズ主演の「全員集合シリーズ」および松竹ドリフ映画第12弾。併映は『男はつらいよ 私の寅さん[1]

本作で荒井注がドリフ映画最後の出演となる。その一方、当時ドリフの「見習い」で、翌年から荒井に代わってメンバーとなる志村けんと、同じくドリフの「見習い」のすわ親治がシリーズ初登場。マドンナ役は松坂慶子で、歌のゲストはアグネス・チャン

ストーリー[編集]

探偵の伊刈長吉は、助手の仲本と共に探偵事務所を営んでいた。しかし客は全く来ず、家賃滞納で大家に追い立てられ、行きつけのラーメン屋の亭主・荒井忠次とその店員の高木からも数か月間たまっているラーメン代の取り立てに遭っていた。長吉が夜逃げの準備をしていると、そこに自衛隊から逃げてきた加藤ヒデオが、ラーメン屋で食い逃げをし、探偵事務所に逃げ込んできた。長吉はその加藤を追ってきたラーメン屋と喧嘩になり、シビレを切らした長吉は、加藤、仲本、荒井、高木の4人の前で「俺はCIAの東京支部長だ。俺に逆らった奴は殺されるぞ」と口から出まかせの大ボラを吹く。それを信じ込んだ4人は新米探偵として長吉の部下となり、仕事を解決していく。

スタッフ[編集]

  • 製作:沢村国男、井沢健
  • 原作・監督:渡邊祐介
  • 脚本:渡邊祐介、田坂啓森崎東
  • 撮影:荒野諒一
  • 美術:森田郷平
  • 音楽:たかしまあきひこ
  • 録音:田中俊夫
  • 調音:小尾幸魚
  • 照明:佐久間丈彦
  • 編集:寺田昭光
  • 監督助手:白木慶二
  • 製作主任:峰順一
  • 装置:若林六郎
  • 装飾:宗田八郎
  • 衣裳:松竹衣裳
  • 現像:東洋現像所
  • 進行:柴田忠
  • 協力:土佐清水市足摺パシフィックホテル、全日空、幡多観光自動車、銘菓・土佐日記

キャスト[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌「燃ゆるドリフだ」
作詞:佐藤惣之助 / 作曲:山田耕筰 / 替詞:渡邊祐介 / 歌:ザ・ドリフターズ
「燃ゆる大空」の替え歌。
挿入歌「小さな恋の物語
作詞:山上路夫 / 作曲:森田公一 / 編曲:馬飼野俊一 / 歌:アグネス・チャン

ビデオソフト化・テレビ放送[編集]

2000年に松竹ホームビデオから本作を収録したVHSビデオがリリースされたが、その後ビデオソフトは発売されておらず、DVD化もBD化もされていない[2]

2019年2月に日本BS放送 (BS11) の『水曜シネマ・昭和喜劇シリーズ』にて、本作のHDリマスター版がテレビ初放送された[2]

出典[編集]

  1. ^ 『松竹九十年史』 松竹1985年、287頁。
  2. ^ a b 映画 映画「大事件だよ全員集合!!」【HD初放送&未DVD化作品】 | BS11”. 日本BS放送. 2019年2月14日閲覧。

関連項目[編集]