大井川鉄道クハ600形客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大井川鉄道クハ600形客車
クハ600形客車(井川線両国車両区にて)
クハ600形客車(井川線両国車両区にて)
基本情報
製造所 大井川鐵道両国車両区・日本車輌製造
主要諸元
編成 1
軌間 1067 mm
全長 11000 mm
車体長 10400 mm
全幅 1840 mm
全高 2690 mm
制動装置 自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

大井川鉄道クハ600形客車(おおいがわてつどうクハ600がたきゃくしゃ)は、1990年平成2年)に大井川鉄道(現・大井川鐵道)が井川線向けに導入した運転台付きの客車

概要[編集]

井川線は1990年にアプトいちしろ - 長島ダム間の路線付替えにより、アプト式運転区間が完成したが、連結器が損傷した場合のリスクを考慮し、通常は機関車は常に列車の千頭方に連結、千頭方面行きは機関車による牽引、井川方面行きは機関車による推進運転が行われることとなった。このため、井川方の制御車が必要になり、同年に本形式が製造された。

クハ601はスロフ310からの改造であるが、クハ602 - 604はcトキ200形の台車を流用し、日本車輌製造で製造された。井川線用の旅客車両では久しぶりの外部への発注となった。また、制御車であることから、記号は井川線では初めての「クハ」となった。

運転台はDD20形とほぼ同一であるが、DD20形用とED90形用の2基の主幹制御器が装備されている点が目を引く。乗務の際はディーゼル機関車電気機関車それぞれを運転することが可能な免許を保持する乗務員が乗務する(アプト式区間は電気機関車の運転区間のため)。DD20等の機関車に装備されるKE14ブレーキが右手側に装備されているが、単独ブレーキはダミーであり使用していない。外観はスロフ300形の丸屋根に対して、DD20形と同様の平面構成になっているのが特徴。台車とリンクしてカーブで首を振る補助前照灯も同車は踏襲している。車内はスロフ300形と同一仕様で、運転台直後の座席は前面展望を考慮して前向きとなっている。

車体カラーはクリーム色地と赤のツートーンが登場時より採用されていたが、現在はワインレッドを地色に白のラインの塗装に変更された。

先に述べた理由から、井川線の全旅客列車で使用されている。

現在は井川線の全車両が禁煙となっているが、登場時はこの車両のみ禁煙車となっていた。

2017年に前照灯および補助前照灯がLED化された。

参考文献[編集]