大井川鉄道スロフ1形客車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大井川鉄道スロフ1形客車
スロフ2 プラザロコにて
スロフ2 プラザロコにて
基本情報
製造所 帝國車輛工業
主要諸元
編成 1
軌間 1067 mm
車両定員 16
車両重量 6.5t
全長 7300 mm
車体長 6700 mm
全幅 1830 mm
全高 2600 mm
制動装置 自動空気ブレーキ
テンプレートを表示

大井川鉄道スロフ1形客車(おおいがわてつどうスロフ1がたきゃくしゃ)は、かつて大井川鉄道(現・大井川鐵道)が所有していた井川線用の客車

概要[編集]

中部電力専用鉄道時代に製造された車両で、1953年帝國車輛工業で2両が製造された。来客用として製造され、作業員輸送用のスハフ1形と区別するため、車両称号は1等車扱いで「スロフ」となった。

車体は小窓が7つ並び、乗降用扉は側面向かって右端に折戸が配置されている。両側面とも同じ割付になっているため、点対称の扉配置となる。車内は8人がけのロングシートが通路を挟んで両側にあり、定員は立席なしで16名となっている。全長7300mm・全高2600mm・車体幅1830mm・自重6.5tという、国鉄の2軸貨車並み[1]の小型車ながら、ボギー車となっている。

定員が少ないため、次第に予備車として使用されるようになり、1990年に廃車。廃車後は2両とも新金谷駅前の「プラザロコ」で保存・展示されており、車内への立ち入りも可能である。

スロフ1形の車内

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考までに、2軸貨車の国鉄ワム80000形貨車は全長9650mm・全高3703mm・車体幅2882mm・自重11.3t。

参考文献[編集]