大井川鉄道E10形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大井川鉄道E10形電気機関車
大井川E102 (2014年10月12日)
大井川E102
(2014年10月12日)
基本情報
運用者 大井川鐵道
製造所 三菱重工業:E101・102
日立製作所:E103
製造年 1949年
製造数 3両
主要諸元
軸配置 B-B
軌間 1,067 mm (狭軌
電気方式 直流1500V架空電車線方式
全長 12,800 mm
全幅 E101・102:2,708 mm
E103:2,700 mm
全高 E101:4,135 mm
E102:4,200 mm
E103:4,040 mm
機関車重量 45.0t
台車 固定揺枕形鋼組立式
動力伝達方式 1段歯車減速吊り掛け式
主電動機 E101・102:MB-266-A
E103:HS-267A
主電動機出力 150kW(電圧1,500V) × 4基
歯車比 18:80=1:4.44
制御装置 電磁空気単位スイッチ式
制動装置 EL14A空気ブレーキ、手ブレーキ、発電ブレーキ
定格速度 31.3 km/h
定格出力 600 kW (1時間定格)
定格引張力 7,000kg
テンプレートを表示

大井川鉄道E10形電気機関車(おおいがわてつどうE10がたでんききかんしゃ)は大井川鉄道(現・大井川鐵道)が1949年昭和24年)に導入した直流電気機関車である。

概要[編集]

大井川本線電化に際し、1949年にE101・102が三菱重工、E103が日立製作所で製造された。

車両[編集]

小型のデッキをもつ自重45t・軸配置B-Bの箱型電気機関車で、当時の私鉄としては大型のものである。外見は当時製造されていた国鉄EF58形(旧車体)・EF15形と類似していて、同型には神戸電気鉄道ED2001形小田急デキ1040形近畿日本鉄道デ31形などが挙げられる。

E101・102は同じ三菱重工製ながら、ひさしの有無や、車体全高の差異など見て分かる違いが多い。日立製作所製のE103は他機に比べて角ばった外見をしている。全機の共通点として、警笛に電気機関車としては珍しい電車用タイフォンを採用した点が挙げられる。なお、E103は後述の岳南鉄道移籍時にタイフォンからホイッスルに交換されたが、返却後1エンド側のみタイフォンに復元されている。E101も後述の大規模整備の際にホイッスルに交換された。

運用[編集]

登場当初は大井川本線で貨物列車の牽引に使用された。1976年(昭和51年)のSL急行運転開始後はその補助機関車(補機)としての運用が主となり、貨物運用は1983年(昭和58年)に廃止された。2000年(平成12年)からはED500形と共通運用でSL急行の補機を務めている。

その他の運用として、1984年(昭和59年)から毎年夏に運転されているビール列車や、イベント時の臨時客車列車の牽引、新金谷車両区での入換作業にも使用されている。まれに工事列車として、ホキ800を牽引することもあった。

検査期限切れにより2011年(平成23年)ごろから運用離脱していたE101が、2013年(平成25年)春ごろから2014年(平成26年)2月まで新金谷車両区で、全般検査を含む大規模な整備を受けて本線復帰した。このときモーターおよび台車を2011年に廃車解体となった神戸電鉄700形電気機関車のものと交換されている他、前述のタイフォンのホイッスル化や側面に左右2か所ずつある機器冷却用のルーバーを埋めるなどの改造が施されている。

大井川鐵道は公式SNSなどで、西武E31形電気機関車導入に伴う既存機関車の廃車はないとしているが、製造から70年が経ち老朽化が進んでいるため今後の動向が注目される。

E103[編集]

E101・102と製造所が異なるE103は、大井川鉄道線内の貨物の減少により、1970年(昭和45年)7月6日付で車籍を抹消された。同日以後に岳南鉄道(現・岳南電車)へ転出され、ED103となった。牽引力も同社他機より強いことから、本線の主力機として使用されたが、岳南鉄道の貨物減少と大井川鉄道のSL急行増発による補機仕業増加で、両社の機関車需要が変化したことから1986年(昭和61年)3月4日[1]に再入線され、原番号のE103へ戻された。また、このときタイフォンと同じように1エンド側のみパンタグラフがPS13に復元されている。

1999年平成11年)10月6日のED500形(いぶき500形)2両[2]の入線によって運用を終了する予定だったが、中部国際空港埋立土砂輸送のため、同形が2機とも2000年(平成12年)5月に三岐鉄道へ転出したため、延期された[3]2003年(平成15年)3月18日で三岐線での中部国際空港埋立土砂輸送が終了したために、501が大井川鐵道(2000年に会社再編に伴い改名)に返却されたのち、E103は休車となり千頭駅構内に長期間留置されていた。のちに新金谷駅の側線に移動し、2016年(平成28年)6月27日に廃車・解体された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 一部のウェブサイトや文献では、1981年(昭和56年)4月10日(または1984年4月)となっていることもあるが、誤りである。
  2. ^ ED500形はE103と同じ日立製作所製である。
  3. ^ 501は貸与、502は譲渡の形式を取っている。