大井浩二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大井 浩二(おおい こうじ、1933年10月-)は、アメリカ文学者、関西学院大学名誉教授。高知県生まれ。1956年大阪外国語大学英語学科卒業、58年東京都立大学大学院英文科修士課程修了。大阪外大助教授、神戸女学院大学助教授、関西学院大学教授、2002年定年退任、名誉教授、神戸女子大学教授。2007年退職。

著書[編集]

  • 『英語のミステイク』創元社 1967
  • 『英語のユーモア』創元社 1968
  • 『アメリカ自然主義文学論』研究社出版 1973
  • ナサニエル・ホーソン論』南雲堂 1974
  • 『アメリカの神話と現実 パリントン再考』研究社選書 1979
  • 『フロンティアのゆくえ 世紀末アメリカの危機と想像』開文社叢書 1985
  • 『金メッキ時代・再訪 アメリカ小説と歴史的コンテクスト』開文社出版 1988
  • 『美徳の共和国 自伝と伝記のなかのアメリカ』開文社叢書 1991
  • 『ホワイト・シティの幻影 シカゴ万国博覧会とアメリカ的想像力』研究社出版 1993
  • 『手紙のなかのアメリカ <新しい共和国>の神話とイデオロギー』英宝社 1996
  • 『センチメンタル・アメリカ 共和国のヴィジョンと歴史の現実』関西学院大学出版会 2000
  • 『日記のなかのアメリカ女性』英宝社 2002
  • 『アメリカのジャンヌ・ダルクたち 南北戦争とジェンダー』英宝社ブックレット 2005
  • 『旅人たちのアメリカ コベットクーパーディケンズ』英宝社 2005
  • 『南北戦争を語る現代作家たち アメリカの終わりなき《戦後》』英宝社ブックレット 2007
  • 『エロティック・アメリカ ヴィクトリアニズムの神話と現実』英宝社、2013 

共編著[編集]

  • アメリカ伝記論(編)英潮社 1998.6
  • スモールタウン・アメリカ 共著 英宝社 2003.8
  • 都市産業社会の到来 1860年代-1910年代 佐々木隆[要曖昧さ回避]共編 東京大学出版会 2006.3 (史料で読むアメリカ文化史)

翻訳[編集]

  • マザーズ・キス / フリードマン 筑摩書房 1970
  • アメリカの息子たち 二十世紀黒人作家論 E.マーゴリーズ 1971 (研究所叢書)
  • ブルックリン橋 事実と象徴 アラン・トラクテンバーグ 研究社出版 1977.6
  • フンボルトの贈り物 ソール・ベロー 講談社 1977.10
  • コニー・アイランド 遊園地が語るアメリカ文化 ジョン・F.キャソン 開文社出版 1987.5
  • ジャングル / アプトン・シンクレア 松柏社 2009.6 (アメリカ古典大衆小説コレクション)