大井田景国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大井田景国
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正18年(1590年
官位 修理亮
主君 上杉謙信景勝
氏族 上田長尾家清和源氏新田系里見流大井田氏
父母 父:長尾房長養父:大井田氏景
兄弟 市河信房室、長尾政景景国、通天存達
正室:大井田氏景娘
基政、島倉俊継室

大井田 景国(おおいだ かげくに)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将上杉氏の家臣。

生涯[編集]

上田長尾家6代当主・長尾房長の子として誕生。

当時の上田長尾家と親密な関係にあった大井田氏[1]に男子が居なかったため、当主・大井田氏景の婿養子として迎えられた。

以後は上杉謙信、甥の景勝に仕えたが、天正18年(1590年)に突如として景勝に切腹を命じられて自害した。子・基政も他家預かりとなり、大井田家は改易された。

大井田氏の名跡は親族の島倉俊継(母は大井田氏)が受け継ぎ、米沢藩士として続いた。

脚注[編集]

  1. ^ 新田一族里見氏の流れで、越後の豪族である。