大井貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大井貴之(おおい たかし、1960年2月23日 - )は東京都出身のレーシングドライバー。現在はレース活動の他にも自動車ジャーナリスト、ドライビングインストラクターとしても活躍。血液型A型。

概歴[編集]

元々は講談社の自動車雑誌ベストカーの編集スタッフ。その後「ベストモータリング(ベスモ)」と、そこから派生した「ホットバージョン(HV)」の編集次長を務め、趣味としてジムカーナなどに参戦。ジムカーナでは全日本のシード権も獲得していた。当時の愛称は「タコ」であった。 その後はレースにも参戦し、レース活動が高じてプロのレーシングドライバーとなった。黎明期の全日本GT選手権のGT500(当時はGT1)クラスに、ムーンクラフトがモディファイを施した日産・シルビアを駆って、ベストカーのライター、ベスモのキャスターとして交流があった服部尚貴と共に参戦した。

ベスモ、HVでは黒澤元治土屋圭市など、一流ドライバーと並んでレギュラーキャスターを務め、彼らの傍らでドライビングテクニックも披露していた。特に初期のHVでは、読者参加型企画でテクニックの習得に戸惑う読者を助手席に座らせ、自身は運転席で実演をして教える、という一幕もあった。FFAWDよりも、FRMRの大出力車を担当させられることが多かった。大井が在社中は「新車 vs 中古車」など多彩な企画が多く、退社後はベスモ、HV共にライバル誌のVideo Optionのように娯楽性を重視した作風となってしまったため、ビデオマガシンの没個性化を嘆く声が読者から寄せられた。退社後にドライビングスクール「D-Rights」を設立。プロドライバーとしては異色の経歴を持つ。

プレイステーションシリーズで発売されているレースゲーム「グランツーリスモ」では、発売当初から現在に至るまでシリーズアドバイザーを勤める。愛車はBMW・523ツーリング(F11型)、ユーノス・ロードスター(NB8型)、ポルシェ・911(930型)日産・シルビア(S15型)。

レース戦績[編集]

  • 1985年 - スターレットノーマルカップシリーズでデビュー
  • 1994年 - 全日本GT選手権・GT1クラス CCI あめんぼうシルビアで参戦
  • 1998年 - 全日本GT選手権・GT300クラス イエローマジックF355GTでRd.4にスポット参戦
  • 2000年 - スーパー耐久シリーズ クラス3 BPビスコガンマ RX-7で参戦(シリーズチャンピオン
  • 2001年
    • スーパー耐久シリーズ・クラス3 BPビスコガンマ RX-7で参戦(シリーズチャンピオン
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース Porsche993 SuperCup(クラス6位)
  • 2002年
    • スーパー耐久シリーズ・クラス3 FORTUNE 科芸専 RX-7で参戦(シリーズ6位)
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース RX-7(クラス4位)
  • 2003年
    • 全日本GT選手権・GT300クラス 雨宮マツモトキヨシアスパラRX-7で参戦(シリーズ15位)
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース Porsche996 Cup 完走
  • 2004年 - 全日本GT選手権・GT300クラス ARKTECH Porsche968で参戦
  • 2005年
    • SUPER GT・GT300クラス ARKTECH PorscheBoxsterで参戦
    • スーパー耐久シリーズ・クラス3 TOTAL SPORTS ingsZで最終戦にスポット参戦(クラス優勝
    • ニュルブルクリンク24時間耐久レース Suzuki SwiftSport(クラス優勝
  • 2006年 - スーパー耐久シリーズ・クラス3 eeiA ingsZで参戦(シリーズ2位、ドライバーとしては最多ポイント獲得)
  • 2007年
    • スーパー耐久シリーズ・クラス3 カルラレーシング☆ings北海Zで参戦(シリーズチャンピオン
    • SUPER GT・GT300クラス NobelBiocareSpecialOlympicsGT3でRd.8とRd.9にスポット参戦
  • 2008年
    • SUPER GT・GT300クラス 4CARAT SON GT3でRd.1にスポット参戦
    • スーパー耐久シリーズ・クラス1 こばやし歯科 PORSCHE GT3 WITH COXでRd.5にスポット参戦

全日本GT選手権/SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
1994年 MOON CRAFT 日産・シルビア GT1 FSW
4
SEN
10
FSW SUG
8
MIN
Ret
15位 14
1998年 YELLOW MAGIC フェラーリ・F355 GT300 SUZ FSW SEN FSW
Ret
TRM MIN SUG NC 0
2003年 RE雨宮レーシング マツダ・RX-7 GT300 TAI
21
FSW
10
SUG
3
FSW
23
FSW
Ret
TRM
14
AUT
20
SUZ
6
15位 19
2004年 アークテックモータスポーツ ポルシェ・968 GT300 TAI
DNQ
SUG
22
SEP
19
TOK
21
TRM
Ret
AUT SUZ
23
NC 0
2005年 ARKTECH MOTORSPORTS ポルシェ・ボクスター GT300 OKA FSW
Ret
SEP
19
SUG
20
TRM
Ret
FSW
15
AUT
17
SUZ
24
NC 0
2007年 TOMEI SPORT ポルシェ・911 GT3 GT300 SUZ OKA FSW SEP SUG SUZ TRM AUT
15
FSW
24
NC 0
2008年 GT300 SUZ
19
OKA FSW SEP SUG SUZ TRM AUT FSW NC 0
2009年 ARKTECH MOTORSPORTS ポルシェ・ボクスター GT300 OKA SUZ FSW SEP SUG
18
SUZ NC 0
ポルシェ・911 GT3RS GT300 FSW
Ret
AUT TRM

ドライビングスクール[編集]

大井が運営するドライビングスクール「D-Rights」では、グリップ走行のレッスンの他に、雨宮マツモトキヨシアスパラRX-7時代のチームメイト谷口信輝や、風間靖幸といったプロドライバーを講師に迎えてのドリフトレッスンもある。グリップの印象が強い大井ではあるがドリフトも上手い。スクール生には全日本ジムカーナ選手権の上位ランキングホルダーやD1ストリートリーガル選手もいる。

外部サイト[編集]