大人は判ってくれない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大人は判ってくれない
Les Quatre Cents Coups
監督 フランソワ・トリュフォー
脚本 フランソワ・トリュフォー
マルセル・ムーシー
製作 フランソワ・トリュフォー
出演者 ジャン=ピエール・レオ
音楽 ジャン・コンスタンタン
撮影 アンリ・ドカエ
編集 マリー=ジョセフ・ヨヨット
配給 日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1959年6月3日
日本の旗 1960年3月17日
上映時間 99分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
次作 アントワーヌとコレット
テンプレートを表示

大人は判ってくれない』(おとなはわかってくれない、Les Quatre Cents Coups)は、1959年フランス映画である。

概要[編集]

フランソワ・トリュフォー監督の最初の長編映画。原題の「Les Quatre Cents Coups」(あえて直訳すれば「400回の殴打、打撃」)は、フランス語の慣用句「faire les quatre cents coups」(「無分別、放埓な生活をおくる」といった意味)に由来する。

ある訪問』『あこがれ』などの短編映画を手がけた後、1959年に発表したトリュフォー自身の幼少時代の自伝とも言うべき作品。 全編モノクロ。

これを観たジャン・コクトーは「わがフランソワ君、君の映画は傑作である。奇跡のようなものだ。親愛のキスを送る」という賛辞を彼に送った。

同年、当時の文化大臣 アンドレ・マルローの推薦を受けてカンヌ国際映画祭に出品し、監督賞を受賞、一躍「ヌーヴェルヴァーグ」の旗手として知られるようになる。

そしてこの作品の成功に続き、いわゆる「アントワーヌ・ドワネルの冒険」シリーズを次々と発表する。

あらすじ[編集]

12歳のアントワーヌ・ドワネルにとって、毎日は苦痛の連続であった。学校では成績も悪く、いたずら好きで先生に叱責される。家では厳しい母親と、稼ぎも少なくうだつの上がらない父親に囲まれた息の詰まる生活。寝袋にくるまって両親のケンカを聞かされる日々。ある日、登校中に親友のルネと出会い、学校へ行くのを止める。午後に母親が街中で見知らぬ男と抱き合っているのを見て視線が合う。母は帰宅せず、翌朝、前日の欠席の理由を教師に追及されて「母が死んだのです」と答えるが、欠席を知った両親が現れてウソがばれる。

そんな彼の楽しみは映画を観ることだけだ。しかしある日、尊敬するバルザックの文章を丸写しして提出した作文がばれて叱られ、弁護したルネが停学になる。アントワーヌも家を出て、金持ちのルネの家に隠れ住む。やがて金に困り、ルネと一緒に父の会社のタイプライターを盗む。換金できず、戻しに行った時に守衛に捕まる。父親が警察へ連行する。非行少年として少年審判所へ送られ、護送車の中で初めて涙が出る。母親が判事の鑑別所送りの勧めに応じたため、束縛された毎日を過ごす。母親がようやく面会に来るが「ここが似合いだよ」と冷たい。監視の隙に脱走。野を越え、海へ、海へ。初めて見る海は大きかった。海辺に立ちつくし、ふとこちらを向いたまま動きを止める[1]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アントワーヌ・ドワネル ジャン=ピエール・レオ 福崎和宏
ルネ・ビジェー(親友)  パトリック・オーフェー 佐山泰三
ジュリアン(父) アルベール・レミー 金内吉男
ジルベルト(母) クレール・モーリエ 富田恵子

解説[編集]

  • 最初、『アントワーヌ・ドワネルの家出』という題で子どもを描いたオムニバスの一話として構想されていたが、長編としたきっかけはジャン・コクトーの『恐るべき子供たち』の一行だった。「学校には死刑という刑罰はないので、ダルジュロスは放校処分になった」(シナリオ集「アントワーヌ・ドワネルの冒険」1970年 序文 山田宏一蓮實重彦『トリュフォー 最後のインタビュー』平凡社 2014年所収)。
  • この映画の冒頭には、前年に亡くなった映画評論家アンドレ・バザンに対し「亡きアンドレ・バザンの思い出に」という献辞が入る。
  • 教師に引率された生徒たちが徐々に列から抜けて逃げ出すシーンは、ジャン・ヴィゴ監督の『新学期・操行ゼロ』のパロディー。
  • アントワーヌが両親と一緒に見に行った映画はジャック・リヴェット監督の『パリはわれらのもの』であるが、当時はまだ完成されていなかった。
  • 逃げた子犬を追いかける女性はジャンヌ・モロー。「よせ、子供は」と言って彼女の後を追っていく男性はジャン=クロード・ブリアリ。「お迎えの馬車が来たぞ」と叫ぶ(ジャン・ルノワール監督の『黄金の馬車』を意識している)警官はジャック・ドゥミ監督。ヌーヴェルヴァーグ仲間のカメオ出演である。また、遊園地のローターのシーンではトリュフォーの姿が見える(アルフレッド・ヒッチコックを信奉していた)。
  • アントワーヌが盗む映画館のポスターはイングマール・ベルイマン監督の『不良少女モニカ』。
  • 精神科の女医がアントワーヌに質問するシーンは、トリュフォー自らがジャン=ピエール・レオにインタビューしたものに脚本家のアネット・ヴァドマンの声を吹き替えたもの。ヴァドマンの美声に惚れ込んだトリュフォーは以前から出演を打診していたが、当時彼女が妊娠中だったので声だけの出演という運びとなった。なお、トリュフォーは大変な早口で知られていた。

影響[編集]

2015年日本のテレビドラマ『まれ』(NHK連続テレビ小説)で第12週「官能カスタードクリーム」の重要なモチーフとして取り上げられた。パティシエのヒロイン・津村希が、菓子作りの師匠が本楽曲をイメージし「大人の官能」をテーマとして制作した同名のオリジナルケーキを再現して作るよう命じられたが、結局完成させることができなかった。その後、シェフ・池畑大悟の判断により、「レ・キャトル・サン・クー」として販売された。(2003年(アウトレット):250円、正式商品化後:300円→2006年:400円)

脚注[編集]

  1. ^ このラストのストップモーションを見た日本の批評家の大部分が自殺の決意を読み取ったが、トリュフォーは否定し、振り返ることによって怒りや反抗ではなく「さあ、どうしますか」という観客への質問だったという(『トリュフォー 最後のインタビュー』p.159) 。