大仏前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大仏前駅(だいぶつまええき)はかつて京都府京都市下京区(現東山区)にあった京阪電気鉄道京阪本線の駅。鴨川にかかる「正面橋」との交差部北側に設けられ[1]、東へ向かう正面通豊国神社への参道ともなっていた。

駅名はかつて大仏があった方広寺の最寄り駅であったことにちなむ。

1910年1月に駅の設置を申請、同3月京都府知事より認可を受け、同年4月15日の京阪開業に合わせて開設された[2]七条通沿いに京都市電七条線の敷設が決まり、市電との乗り換えの便を図るために七条駅を設けることとなり当駅は1913年4月26日に廃止[3]された。

隣の駅[編集]

京阪電気鉄道
京阪本線
塩小路駅 - 大仏前駅 - 五条駅

参考文献[編集]

関西鉄道研究会 季刊誌『関西の鉄道』№17「京阪電気鉄道特集 part2」 1987年7月20日発行
関西鉄道研究会 車両発達しシリーズ1 「京阪電気鉄道」 1991年2月1日発行
京阪電気鉄道開業100周年記念誌『京阪百年のあゆみ』 2011年3月24日発行

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出典・『関西の鉄道』№17「京阪電気鉄道特集 part2」30頁掲載の当時の地図より、京阪電気鉄道開業50周年記念誌『鉄路50年』より、との事。
  2. ^ 出典・『京阪百年のあゆみ』75頁
  3. ^ 出典・『京阪百年のあゆみ』資料編 142頁・同184頁の年表

座標: 北緯34度59分31秒 東経135度46分04秒 / 北緯34.991863度 東経135.767712度 / 34.991863; 135.767712