大仏開眼 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
古代史ドラマスペシャル
大仏開眼
ジャンル テレビドラマ
池端俊策
演出 田中健二
出演者 吉岡秀隆
石原さとみ
高橋克典
市川亀治郎
内山理名
草刈正雄
江波杏子
笈田ヨシ
浅野温子
國村隼
ナレーター 内山理名
音楽 千住明
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 奈良時代
製作
制作統括 城谷厚司
プロデューサー 三鬼一希
撮影地 日本の旗 日本 奈良県
日本の旗 日本 京都府
製作 NHK
放送
放送チャンネル NHK総合
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2010年4月3日 - 4月10日
放送時間 土曜 19:30 - 20:59
放送分 89分
回数 2
公式ウェブサイト
番組年表
前作大化改新

特記事項:
NHK BShiにて2010年3月27日の17:30 - 18:59(前編)および4月4日の16:30 - 17:59(後編)に先行放送。
テンプレートを表示

大仏開眼』(だいぶつかいげん)は、NHK大阪放送局制作の「古代史ドラマスペシャル」第3弾として、NHK総合2010年4月3日4月10日の19時30分から20時59分に前後編で放送された日本テレビドラマ奈良時代大仏建立を巡る人間模様を、遣唐使吉備真備を中心に阿倍内親王藤原仲麻呂の3人を軸に描く[1][2]池端俊策作、吉岡秀隆主演[3][4]。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

制作[編集]

平城京遷都1300年にあたる2010年、『聖徳太子』『大化改新』に続く古代史ドラマ第3弾としてNHK大阪放送局が制作した。大仏建立が国家の大事業となっていく8世紀、どのようにして「日本」という国家の形が出来上がっていったのか、吉備真備を中心に貴族間の政争、税と飢餓に苦しむ民の姿を交えながら描く。

吉岡秀隆が主演・吉備真備役を務め、ヒロイン・阿倍内親王役を石原さとみ、吉備真備と敵対する藤原仲麻呂役を本作が初の時代劇出演となる高橋克典が演じた[1][3][4]

平城宮跡大極殿(復原)
平城宮跡東院庭園

撮影は2009年10月から2010年1月にかけて、京都市東映京都撮影所にほぼ原寸の大仏半身のセットを設けたほか、文化庁より特別に使用認可を得て平城遷都1300年記念事業にあわせ約9年をかけて復原された第1次大極殿を用いての撮影や、東院庭園での撮影など、平城宮跡でのロケが行われた。赤や紫といった天平衣装や髪型、メイクも当時のまま再現されている[5][6][7][8]

放送日程[編集]

NHK総合テレビジョンでは、4月3日 19:30 - 20:59に前編が、4月10日 19:30 - 20:59に後編がそれぞれ放送された。視聴率は前編が11.4%、後編が11.1%であった[要出典]

放送回 放送日
総合 BShi
前編 4月03日 3月27日
後編 4月10日 4月04日
再放送
  • 2010年10月9日 16:31 - 18:00、NHK総合(前編)
  • 2010年10月10日 16:30 - 17:59、NHK総合(後編)
  • 2011年3月5日 13:00 - 14:29、NHK BShi(前編)
  • 2011年3月5日 14:30 - 15:59、NHK BShi(後編)
  • 2020年9月5日 21:00 - 22:29、NHK BSプレミアム(前編)[9]
  • 2020年9月12日 21:00 - 22:29、NHK BSプレミアム(後編)[9]

関連商品[編集]

DVDがポニーキャニオンより2010年8月18日にリリースされた。

サウンドトラック
  • 千住明『NHK古代史ドラマスペシャル「大仏開眼(だいぶつかいげん)」オリジナル・サウンドトラック』(2020年4月25日、ライヴノーツ、WWCC-7647)
DVD

あらすじ[編集]

前編
唐でたぐいまれな学才を認められた遣唐使・吉備真備は、天平6年、17年ぶりに日本に帰国。平城京の宮中の席で、阿倍内親王と出会い、教育係に抜擢(ばってき)される。737年、日本中を襲った天然痘で、それまで政治に大きな影響を及ぼしていた藤原の四兄弟が病死。藤原による反乱を恐れた聖武天皇は東国へ行幸し、その途中の寺で見た盧舎那仏に魅せられる。
後編
聖武天皇は大仏造立への思いを募らせるが、吉備真備は国の疲弊を理由に反対する。一方、律令国家の復権をもくろむ藤原仲麻呂は、光明皇后に取り入って絶大な権力を握り、真備を唐に追放する。平城京では、孝謙天皇が即位し、9年の歳月をかけて造られた大仏の開眼法要が行われる。翌年、真備は唐から奇跡の生還を果たす。764年、仲麻呂追討の火の手が上がる。

登場人物[編集]

下道真備 → 吉備真備(きびのまきび)
演 - 吉岡秀隆
阿倍内親王(あべのないしんのう) → 孝謙天皇
演 - 石原さとみ
藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)
演 - 高橋克典
玄昉(げんぼう)
演 - 市川亀治郎
藤原武智麻呂(ふじわらのむちまろ)
演 - 苅谷俊介
真備の母
演 - 宮下順子
聖武天皇(しょうむてんのう)
演 - 國村隼
光明皇后(こうみょうこうごう)
演 - 浅野温子
行基(ぎょうき)
演 - 笈田ヨシ
藤原宮子(ふじわらのみやこ)
演 - 江波杏子
葛城王 → 橘諸兄(たちばなのもろえ)
演 - 草刈正雄
吉備由利(きびのゆり)
演 - 内山理名
海蔵(かいぞう)
演 - 山中聡
藤原宇合(ふじわらのうまかい)
演 - 井之上チャル
藤原広嗣(ふじわらのひろつぐ)
演 - 波岡一喜
大伴家持(おおとものやかもち)
演 - 中山麻聖
藤原巨勢麻呂(ふじわらのこせまろ)
演 - 南圭介
藤原乙麻呂(ふじわらのおとまろ)
演 - 浜口望海
藤原房前(ふじわらのふささき)
演 - 門田裕
藤原麻呂(ふじわらのまろ)
演 - 田村ツトム
多治比真人広成(たじひのまひと ひろなり)
演 - 高井高陽
安積親王(あさかしんのう)
演 - 中村凛太郎
大伴牛養(おおとものうしかい)
演 - 谷口高史
藤原久須麻呂(ふじわらのくすまろ)
演 - 伊藤聡
官人(かんにん)
演 - 荒木悠司

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “奈良時代を描く大作歴史ドラマが完成! 高橋克典の意外な事実が発覚?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2010年3月29日). https://thetv.jp/news/detail/13681/ 2020年8月21日閲覧。 
  2. ^ “高橋克典も「惚れた!」『大仏開眼』で孝謙天皇演じる石原さとみの輝き”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年3月26日). https://www.oricon.co.jp/news/74704/full/ 2020年8月21日閲覧。 
  3. ^ a b 「大仏開眼」東大寺大仏殿で出演者発表”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2009年9月17日). 2020年8月21日閲覧。
  4. ^ a b 「大仏開眼」初お披露目!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2010年3月29日). 2020年8月21日閲覧。
  5. ^ “吉備真備役に吉岡秀隆さん - NHK古代史ドラマスペシャル”. 奈良新聞. (2009年9月18日). https://www.nara-np.co.jp/news/20090918122114.html 2020年8月21日閲覧。 
  6. ^ “演技派熱演の天平絵巻 - 平城宮跡東院庭園で撮影【NHKドラマ「大仏開眼」】”. 奈良新聞. (2009年11月15日). https://www.nara-np.co.jp/news/20091125111312.html 2020年8月21日閲覧。 
  7. ^ “1300年の時を超え - NHK古代史ドラマスペシャル「大仏開眼」”. 奈良新聞. (2010年1月7日). https://www.nara-np.co.jp/news/20100107113936.html 2020年8月21日閲覧。 
  8. ^ 浅原奈美 (2009年11月25日). “「実は衣装の下に……」 - 石原さとみの激白に吉岡秀隆が困惑!?”. マイナビニュース (マイナビ). https://news.mynavi.jp/article/20091125-a074/ 2020年8月21日閲覧。 
  9. ^ a b 再放送情報 「大仏開眼(だいぶつかいげん)」(前・後編)”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年8月7日). 2020年8月21日閲覧。

関連項目[編集]