大倭五百足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
大倭五百足
時代 飛鳥時代 - 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位上刑部少輔
主君 文武天皇元明天皇元正天皇聖武天皇
氏族 大倭忌寸倭国造
父母 父:大倭竜麻呂
大和長岡
テンプレートを表示

大倭 五百足(やまと の いおたり)は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族忌寸。大倭竜麻呂の子とする系図がある[1]官位従五位上刑部少輔。子に大和長岡がいる。

出自[編集]

大倭氏(大倭国造家、大倭直)は海神族に属する地祇系氏族[2]神武東征の際に功のあった椎根津彦を祖とする[3]

経歴[編集]

文武天皇元年(697年新羅使を迎える使者として陸路で筑紫国に赴いた(この時の冠位は進大壱)。和銅3年(710年正六位下から従五位下に叙せられる。和銅7年(714年氏上となり、神祭を司った。養老7年(723年左京人の紀家が白亀を献じたがこれが瑞祥とされ、亀を出した国の国造(大倭国造)として、10疋・綿100疋・20端を賜与された。

神亀3年(726年)従五位上に叙せられる。神亀4年(727年聖武天皇の皇子・基王の誕生を祝う宴に際し、五位以上の位階を帯びる者に綿を、特に名家の嫡子で五位以上の者はさらに絁10疋を賜与されたが、高齢であることを理由に五百足は調淡海と共に、特別にこの例に加えられた。

没年不詳。最終官位は従五位上・刑部少輔[4]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木真年『百家系図稿』巻21
  2. ^ 太田亮『姓氏家系大辞典』角川書店、1963年
  3. ^ 日本書紀』神武段。『新撰姓氏録』大和神別では「神知津彦命」とする。
  4. ^ 続日本紀神護景雲3年10月29日条

参考文献[編集]