大元古墳群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大元古墳群の位置(島根県内)
大元古墳群
大元古墳群
大元古墳群の位置

大元古墳群(おおもとこふんぐん、燈籠ノ辻古墳群/灯籠ノ辻古墳群)は、島根県益田市遠田町にある古墳群。3基が島根県指定史跡に指定されている。

概要[編集]

島根県西部、益田市街地から東方の丘陵尾根に位置する古墳群である[1]1986-1988年昭和61-平成元年)に測量調査が実施されたほか[1]2015年度(平成27年度)からは国の史跡指定を目指した発掘調査が実施されている[2]。古墳群は前方後円墳の1号墳と、円墳の2号墳、円墳状の3号墳の3基から構成される[3]。特に1号墳は、石見地方(島根県西部)で最大級の古墳になる[3]

1・2・3号墳の古墳域は、1999年平成11年)4月9日に島根県指定史跡に指定されている[4]

一覧[編集]

1号墳
  • 墳形:前方後円墳
  • 規模[3]
    • 墳丘長:88メートル
    • 後円部:直径50メートル、高さ7メートル - 4段築成。
    • 前方部:長さ40メートル、幅31メートル、高さ4.3メートル - 2段築成。
    • くびれ部:幅24メートル
石見地方(島根県西部)で最大級の古墳。前方部を南西方に向け、墳丘北側には造出を有する。墳丘表面では円筒埴輪列・葺石が検出されている。周濠は巡らされていない。墳形・出土埴輪から4世紀末-5世紀初頭の築造と推定され、四塚山古墳(4世紀頃)に次ぎ、スクモ塚古墳(5世紀頃)・小丸山古墳(6世紀前半頃)に先行する首長墓に位置づけられる[1][3][2]
2号墳
  • 墳形:円墳
  • 規模:直径15メートル、高さ1.2メートル[3]
1号墳の前方部に隣接して位置する。
3号墳
  • 墳形:円墳状
  • 規模:直径12メートルか[3]
2号墳の西側に位置する。

文化財[編集]

島根県指定文化財[編集]

  • 史跡
    • 大元古墳群 - 平成11年4月9日指定[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大元一号墳(平凡社) 1995年.
  2. ^ a b "大元古墳群1号墳 葺き石確認 24日に現地説明会"(毎日新聞、2015年10月22日記事)。
    "大元古墳群1号墳 後円部から埴輪列発見 大和朝廷と関係か 益田市教委"(毎日新聞、2016年10月20日記事)。
  3. ^ a b c d e f 史跡説明板。
  4. ^ a b 益田市所在の県指定文化財一覧(益田市ホームページ)。

参考文献[編集]

  • 史跡説明板(益田市教育委員会設置)
  • 「大元一号墳」『日本歴史地名大系 33 島根県の地名』 平凡社1995年。ISBN 4582490336。

座標: 北緯34度42分5.77秒 東経131度52分4.16秒 / 北緯34.7016028度 東経131.8678222度 / 34.7016028; 131.8678222 (大元古墳群)