大光寺合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大光寺合戦(だいこうじかっせん)は、元弘3年(正慶2年・1333年)から建武元年(1334年)にかけて行われた、鎌倉幕府に滅亡にともなう津軽の豪族による合戦。

沿革[編集]

正慶2年(元弘3年、1333年)5月、鎌倉が陥落し、鎌倉幕府の滅亡した。執権北条氏の一族の安達高景、名越時如らは所領のあった秋田に逃げ、湊の城(現秋田県秋田市土崎港)に立て籠ったが、在地の諸将から朝敵として対峙されたため、やもなく御内人の曾我道性を頼って11月に津軽の大光寺楯(現青森県平川市)に拠った。

これに対し、岩館曾我氏の曾我光高や、田舎郡の成田泰次・工藤貞行らが朝廷方に付き、陸奧国司北畠顕家の命を受けた多田貞綱、伊賀貞光、南部師行らの援助を受け、元弘4年(改元により建武元年(1334年))1月にかけて攻撃し、大光寺側は敗れて石川楯(青森県弘前市)に逃げた。だが、顕家は各地の有力武士を津軽に派遣し、合戦が4、5月と続いたがついに落ち、敗残兵は相馬持寄城(青森県弘前市)に立て籠ったが、8月から9月にかけて大光寺側を撃滅し、11月に名越時如、安達高景も降伏した。

同年12月、降伏し津軽に留め置かれた者と、預かった者の名簿(『津軽降人交名注申状』(南部家文書))が作成されたが、それによれば曾我氏工藤氏・小川(河)氏も、いずれも一族分裂して戦った。

この戦功で、岩館曽我氏は岩館と大光寺城を居城として勢力を拡げた。また、奥州工藤氏も鎌倉幕府滅亡に際して、幕府方と朝廷方に分裂し、多くは幕府方に付いたため所領を没収された者もいるが、そうした中で工藤貞行の朝廷方としての活躍はめざましかった。

参考文献[編集]

  • 浪岡町史編纂委員会『浪岡町史 第一巻』青森県南津軽郡浪岡町(現 青森市)、2000年3月15日。
  • 松岡孝一『青森県百科事典』東奥日報社、1981年3月1日。
  • 児玉 幸阿・坪井 清足『日本城郭大系 第2巻 青森・岩手・秋田』新人物往来社、1980年7月15日。