大典太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:大典太の画像提供をお願いします。2015年9月
大典太
指定情報
種別 国宝
名称 太刀銘光世作(名物大典太)
 附 革包太刀拵
基本情報
種類 太刀
時代 平安時代後期
刀工 光世
刃長 65.1 cm
反り 2.7 cm
先幅 2.4 cm
元幅 3.5 cm
所有 前田育徳会東京都目黒区

大典太あるいは大伝多[1](おおてんた、おおでんた)は、平安時代後期に作られたとされる日本刀(太刀)。1957年日本の国宝に指定されており、東京都目黒区の公益財団法人前田育徳会が所蔵している[2]。国宝指定名称は「太刀銘光世作(名物大典太)
[3](たち めい みつよさく めいぶつおおでんた[4])で、拵え(外装)も「附 革包太刀拵」[3](つけたり かわづつみたちごしらえ)として附指定(付属物としての指定)をされている。天下五剣の一振りに数えられているが、それがいつからかは明確ではない[5]

伝来[編集]

永保1081-1084年頃)の筑後三池(後の福岡県大牟田市三池)出身の刀工初代典太光世によって作られた唯一の在銘の太刀[5][1]。1997年に開催された「日本のかたな」展によると室町時代からの名物とされる[1]。『御拝領御道具品々帳』および『御腰物根帳』によると室町幕府将軍の足利義昭豊臣秀吉に贈られ、その後前田利家に贈られたとされる[5]。利家の手元に渡ってからは、唐櫃に収納され注連が張られたとされる[1]

元禄以降に記された拝領道具帳において本作は正徳3年(1713年)以降それまで冒頭に記されていた富田郷に代わって冒頭に記されるようになる[6]1856年に本阿弥喜三次に研ぎが命じられたあと箱に収められる[5]明治43年(1910年)7月8日に明治天皇夫妻が行幸啓で前田家を訪れた際に16本の候補の中から備前助真刀、太郎作正宗、古備前正恒、一文字備前助光と共に天覧に供した[7]1956年(昭和31年)6月28日重要文化財に指定され、1957年(昭和32年)2月19日に国宝に指定される[3][4]。指定名称は「太刀銘光世作(名物大典太)
」で、「革包太刀拵」も附指定されている[3]。2012年現在は前田家に伝わった文化財を保存・管理する前田育徳会が所蔵している[5]

伝承[編集]

本作は病気の治癒と切れ味に関する伝承が残されている[5]。前者は病人の枕元に置くと治り、返却すると再発するため貸借を繰り返し、三度目に贈与されるというものである[5]。『享保名物帳』では豪姫のため利家が秀吉から贈与されたとされ、もう一説では秀吉から徳川家康に贈られた後、徳川秀忠前田利常珠姫のために貸借を繰り返す話となっている[5]

切れ味については江戸千住小塚原で行われた試し切りでの話で、刃は積み重ねた死体の2体の胴体を切断し3体目の背骨で止まったと伝わる[5]。別冊宝島編集部によるとこれは寛政4年(1792年)に山田浅右衛門吉睦が本作を振るったものとされる[8]

号の由来に関して刀剣研究家の小笠原信夫は堂々とした姿からくるものとする推測を述べている[9]

作風[編集]

刀身[編集]

刃長は65.1センチメートル[注釈 1]、先身幅は2.4センチメートル、元幅3.5センチメートル、先幅2.4センチメートル、反り2.7センチメートル[注釈 2]、切先の長さ3.35センチメートル[2][9]。茎から刀身の5分の1ほどまで鎬筋に沿って腰樋(こしひ)を掻き、同時代の太刀と比べて非常に身幅が広く刀身長の短い独特の体配を持つ。表面の鎬には三池樋と呼ばれる幅広で浅い樋がある[11]。目釘孔が2つあるうち下中央に太鏨(たがね)の三字銘で「光世作」と入っている。なお、初代三池典太の有銘完存の作刀はほとんど現存していないため貴重なものとなっている。また他の光世の作品と比べて身幅が広いことが指摘されている[12]

地鉄は大板目流れる[注釈 3]。刃文は沸出来(にえでき)[注釈 4]の細直刃(ほそすぐは)で、ほつれごころがあり、わずかに足入り、物打辺に二重刃交じる[注釈 5]。当時(平安後期)の他の刀剣とは異なる作風のものである[1]

外装[編集]

茶色皺革包に萌黄糸巻を施した鬼丸拵(おにまるこしらえ)の外装が付属しており、『詳解刀剣名物帳』によると利家もしくは利常が所有していた際に、本阿弥光徳もしくは本阿弥光甫に命じて作らせたものとされる[5]。『享保名物帳』では桃山時代の作品とされている[5]

収納[編集]

本作は外箱と中箱が付随している。外箱は春慶塗の縦116.2センチメートル、横21.8センチメートル、高さ16.6センチメートル[2]。中箱は桐白木で縦111.8センチメートル、横6.7センチメートル、高さ12.5センチメートル[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 66.1センチメートルとする資料も存在する[10][11]
  2. ^ 2.7センチメートルとする資料も存在する[10]
  3. ^ 「大板目流れる」とは、刀身の鍛え肌が木材の板目状に見え、それが大模様で、かつ、柾目(平行線)状の模様を含む意。
  4. ^ 沸出来とは、刃文を構成する鋼の粒子が肉眼で確認できる程度に荒いものをいう。逆に、鋼の粒子が肉眼で確認できず、総体にぼうっと見えるものを「匂出来」と称する。
  5. ^ 「細直刃」とは、直線状の刃文(直刃)で、焼きの入った部分の幅が狭いものを指す。「ほつれる」とは、刃文を構成する線に糸のほつれたような形が現われたもの。「足」は刃文の「働き」の一種で、地刃の境から刃先に向かって伸びるもの。「物打辺に二重刃交じる」とは、刀身の切先に近い部分(物打)の刃文を構成する線が平行して2本あるように見える意。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 東京国立博物館 1997, p. 302.
  2. ^ a b c d 前​田​育​徳​会 2012, p. 3.
  3. ^ a b c d 文化庁 2000, p. 84.
  4. ^ a b 「太刀〈銘光世作(名物大典太)/〉」 『国指定文化財等データベース』 https://kunishitei.bunka.go.jp/heritage/detail/201/501 
  5. ^ a b c d e f g h i j k 前​田​育​徳​会 2012, p. 2.
  6. ^ 前​田​育​徳​会 2012, p. 15.
  7. ^ 前​田​育​徳​会 2012, p. 13.
  8. ^ 別冊宝島編集部 2017, pp. 36-37.
  9. ^ a b 小笠原信夫 「太刀 銘光世作 (名物大典太)」 『日本の国宝 東京/前田育徳会 尊経閣文庫』 、週刊朝日百科 096巻 朝日新聞社、189頁、1998年12月27日。 NCID BA43224262 
  10. ^ a b 東京国立博物館 1997, p. 301.
  11. ^ a b 堀本一繁 「15 国宝 太刀 銘 光世作 名物 大典太」、福岡市博物館編 『特別展 侍 もののふの美の系譜』、2019年9月7日、202頁。 NCID BB29348637 
  12. ^ 別冊宝島編集部 2017, p. 35.

参考文献[編集]

  • 池田宏; 犬木努; 井上洋一; 小笠原信夫; 古谷毅; 松浦宥一郎; 望月幹夫 「96 太刀 銘 光世作(名物 大典太)」、東京国立博物館編 『日本のかたな: 鉄のわざと武のこころ: 特別展』 東京国立博物館、1997年10月14日。 NCID BA35353907 
  • 別冊宝島編集部 『日本刀の美しさがわかる本』 宝島社、2017年12月9日。ISBN 978-4-8002-7812-8。 NCID BB25208523 
  • ​​前​田​育​徳​会編 『国宝 名物大典太・名物太郎作正宗・名物富田郷〈刀剣三振〉』 勉誠出版、2012年3月30日。ISBN 978-4-585-22532-4。 NCID BB10021336 
  • 文化庁編 『国宝・重要文化財大全』 別巻 毎日新聞社、2000年7月30日。ISBN 978-4620803333。