大内通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 灘区 > 大内通

大内通(おおうちどおり)は神戸市灘区町名の一つで、昭和8年(1933年)5月に河原字上辻ノ木・辻ノ木・大田、稗田字雨気・泉内、鍛冶屋字松田・岸地・大田川・西羅、原田字下川向から誕生した。

東は都賀川を挟み北部が神ノ木通で南部が千旦通、南が泉通、西が西郷川を挟み城内通、北は岸地通。東西に長く、一~六丁目が存在する。

平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数631、人口1,353、うち男性673人、女性680人[1]郵便番号:657-0833。

由来[編集]

明らかではない。『神戸の町名』では「しいて推測すれば「大田」と「泉内」から一字ずつとり、皇居を意味する大内にあやかった佳名だろう」としており、「命名から四十年後に、土地の古老数人に聞いたが、明確な答えが得られなかったという」としている。

脚注[編集]

  1. ^ 神戸市町別世帯数・年齢別人口(国勢調査)”. 神戸市. 2009年9月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 『灘区の町名』 灘区役所広報相談課、灘区役所広報相談課、1976年