大函丸 (初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大函丸(初代)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 道南海運(1964-1965)
東日本フェリー(1965-1972)
運用者 道南海運(1964-1965)
東日本フェリー(1965-1972)
建造所 下田船渠
航行区域 沿海[1]
経歴
起工 1964年2月4日[1]
進水 1964年5月13日[1]
竣工 1964年6月20日[1]
就航 1964年
運航終了 1972年
要目
総トン数 451.45 トン[1]
載貨重量 146.14 重量トン[1]
排水量 542.30 重量トン[1]
全長 44.90 m[1]
垂線間長 41.00 m[1]
全幅 11.24 m[1]
型幅 10.44 m[1]
型深さ 3.45 m[1]
満載喫水 2.41 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 阪神内燃機工業 Z6VSH 1基[1]
最大出力 850 PS(連続)[1]
最大速力 13.02 ノット[1]
航海速力 12.0 ノット[1]
航続距離 1,000海里[1]
旅客定員 256名[1]
乗組員 10名[1]
テンプレートを表示

大函丸(たいかんまる)は、道南海運(後の東日本フェリー)が運航していたフェリー。本項目では1964年に就航した初代を取り扱う。

概要[編集]

下田船渠で建造され、1964年に大間 - 函館航路に就航した。当時、日本国内でカーフェリーは瀬戸内海や湾内など内海では運航実績があったが、本船は海況の厳しい津軽海峡を横断する航路に就航、日本初の外洋フェリーボートとなった。

1965年に新たに設立された東日本フェリーへ航路とともに譲渡された。

その後、1972年に引退、売船された。

大函丸の名は大間航路の就航船に引き継がれ、第二大函丸、第三大函丸、第五大函丸、第六大函丸、第七大函丸の5隻が順次就航、1988年ばあゆが就航した後、一時途絶えたが、2013年大函丸 (2代)の就航により復活した[2]

就航航路[編集]

航海時間1時間40分。

設計[編集]

自動車渡船兼旅客船である。車両甲板の両側に客室を設けた構造で、車両甲板には船首と船尾にランプドアが装備されており、船首ランプは波切り板付きとなっていた。

船内[編集]

船室[編集]

  • 二等室

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 船の科学(1964年9月号,p18)
  2. ^ 本船は「たいかんまる」であるが、2代目は「だいかんまる」で、読みが異なる。

参考文献[編集]

  • 「新造船写真集(No.191)」、『船の科学』第17巻第9号、船舶技術協会、1964年9月10日、 18頁、 ISSN 0387-0863NDLJP:32316272016年12月18日閲覧。