大分夫婦殺傷事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大分夫婦殺傷事件(おおいたふうふさっしょうじけん)は、2002年大分県速見郡山香町(現・杵築市)で起こった中国人留学生らによる強盗殺傷事件である。

事件[編集]

別府大学の留学生、元留学生であった中国人A(当時、21歳)、B(23歳)、C(23歳)、D(19歳)と韓国人E(26歳)の5名は共謀し、留学生の身元保証人の建設会社社長(73歳)から現金やキャッシュカードを盗み、監禁して暗証番号を聞き出そうと計画。2002年1月18日未明、4名が被害者夫婦宅に押し入り、2階で寝ていた妻を脅して腹部等を刺して1ヶ月の大けがを負わせ、妻を助けようと2階に上がってきた夫を刺し身包丁で刺殺した[1][2]。その後、C、D、Eの3名が大分県警に逮捕されたが、主犯格AとBの2名は中国へ出国したため、大分県警が国際刑事警察機構を通じ、国際手配した。

殺害された夫は中国の学校で学んだことがあり、帰国後、「恩返しに」と留学生たちの面倒を見るようになった。建設会社を営むかたわら、多くの留学生の身元保証人になり、アルバイト先を紹介した。留学生から「日本のお父さん」と慕われてきた人物であった。

また、AとDは、2001年12月に大阪府大阪市北区のホテルにて、風俗店勤務の女性(35歳)を刺殺し、キャッシュカードを奪った強盗殺人事件にもかかわっていた。

裁判[編集]

公判では、強盗殺人罪に問われたC、D、Eの3名のうち、DとEは殺意を否定。一方、Cは車の運転手であったとして同罪を否定し、強盗幇助を主張した。なお、Dは、大阪市での強盗殺人事件と合わせて起訴された[3]

第一審の大分地方裁判所は、強盗致死傷罪を認め、D、Eをともに無期懲役、Cを懲役14年とした。検察は控訴しDの死刑などを求めたが、第二審の福岡高等裁判所は主犯は中国に出国したA及びBである等とし、一審判決を支持して控訴を棄却。D及びCの刑を維持するとともに、Eを懲役15年に減刑した[4][5]。検察側は上告したが、2009年最高裁判所第一小法廷はこれを棄却し、二審判決が確定した[6]

その後[編集]

2013年に、国際手配されていたAとBが中国国内で身柄を拘束された。日中間には犯罪人引き渡し条約がなく、日本国内で処罰することができないため、日本側は中国側に対し代理処罰を要請するとみられると報じられている[7][8]

2012年7月には、大分県杵築市でタクシー運転手(74歳)が、本事件とは別の別府大学短期大学部の元留学生の中国人によって、車内で胸や首を数十か所を刺されて殺害され、現金約1万4千円と携帯電話を奪われる事件が起きている[9][10]

2017年3月に中国の裁判所で執行猶予(2年)付きの死刑判決、懲役15年が言い渡され、控訴せず確定した。この事実は2017年8月中旬中国当局から日本に通知された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元留学生が殺意を否認 大分の夫婦殺傷事件 2002.05.28 西部朝刊 35頁 朝日新聞
  2. ^ 「二度と世話しない」 面倒みた中国人留学生に夫を殺され「厳罰を」”. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月18日閲覧。 産経ニュース、2013年11月11日
  3. ^ 大分県警に関するトピックス”. 2017年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月6日閲覧。 朝日新聞デジタル
  4. ^ 遺族 にじむ無念さ 旧山香夫婦殺傷控訴審”. 2007年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月18日閲覧。 大分合同新聞、2007年2月27日
  5. ^ 大分夫婦殺傷、1審無期の元留学生1人を減刑…福岡高裁判決 読売新聞
  6. ^ 夫婦殺傷 中国人元留学生の無期確定へ/最高裁 2009.12.20 東京朝刊 38頁 読売新聞
  7. ^ 中国、元留学生2人拘束 02年大分夫婦殺傷容疑 2013.11.12 西部朝刊 39頁 朝日新聞
  8. ^ 国際手配の元留学生2人、中国で拘束 大分の夫婦殺傷”. 2013年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月18日閲覧。 産経ニュース、2013年11月10日
  9. ^ 運転手強殺容疑、中国人に逮捕状 大分・杵築の事件 2012.09.16 西部朝刊 30頁 朝日新聞
  10. ^ 中国人強殺容疑者が卒業の短大「問題思いつかない」”. 2012年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月18日閲覧。 読売新聞(地域版)、2012年9月18日