大分県立山香農業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大分県立山香農業高等学校
過去の名称 大分県立日出高等学校山香分校
大分県立山香高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県の旗 大分県
校訓 誠実・創造・努力
設立年月日 1948年
閉校年月日 2015年3月1日[1]
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 農業経営科
生活科学科
学期 3学期制
高校コード 44108C
所在地 879-1306
大分県杵築市山香町大字広瀬4706
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立山香農業高等学校(おおいたけんりつやまがのうぎょうこうとうがっこう、英称:Oita Prefectural Yamaga Agricultural High School)は、かつて大分県杵築市(旧・速見郡山香町にあった公立農業高等学校

設置学科[編集]

  • 農業経営科
  • 生活科学科
    • 福祉コース
    • 調理コース

所在地[編集]

  • 〒879-1306 大分県杵築市(旧・速見郡)山香町大字広瀬4706

沿革[編集]

2013年4月に、本校と速見郡日出町大分県立日出暘谷高等学校とを統合して、大分県立日出総合高等学校が新設された。日出総合高校は、総合学科、農業経営学科、機械電子学科の3学科5学級からなり[2][3]、主に現在の日出暘谷高校の校地を使用する。なお、本校の校舎は農業実習で使用される[4]

日出総合高校の開校に伴い、本校及び日出暘谷高校の募集は2013年度(平成25年度)入学分から停止され、両校は在校生が卒業する2015年(平成27年)3月に閉校した[5][1]。2014年度末の本校及び大分県立玖珠農業高等学校の閉校に伴い、大分県内から独立した農業高校は姿を消した[6]

年表[編集]

  • 1948年 - 大分県立日出高等学校の山香分校として創立。
  • 1964年 - 大分県立山香高等学校として独立。
  • 1966年 - 大分県立山香農業高等学校と改称。
  • 2015年3月1日 - 閉校式挙行[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]