大分県立海洋科学高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大分県立海洋科学高等学校
過去の名称 大分県立臼杵農水産学校
大分県立臼杵水産学校
大分県立臼杵高等学校第四部
大分県立臼杵高等学校港町校舎
大分県立海部高等学校
大分県立水産高等学校
大分県立海洋科学高等学校
大分県立津久見高等学校海洋科学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大分県の旗 大分県
設立年月日 2017年
(旧海洋科学高校は1944年
旧津久見高等学校海洋科学校は2012年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 海洋科
学科内専門コース 水産コース
食品コース
専攻科 海洋技術専攻科
学期 3学期制
高校コード 44127K
所在地 875-0011
大分県臼杵市大字諏訪254-1-2

北緯33度8分9.2秒 東経131度48分16.6秒 / 北緯33.135889度 東経131.804611度 / 33.135889; 131.804611座標: 北緯33度8分9.2秒 東経131度48分16.6秒 / 北緯33.135889度 東経131.804611度 / 33.135889; 131.804611
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

大分県立海洋科学高等学校(おおいたけんりつ かいようかがく こうとうがっこう)は、大分県臼杵市にある県立の全日制高等学校である。

沿革[編集]

1944年に創立した水産を専門とする高等学校であったが、2012年4月に、本校の前身である大分県立海洋科学高等学校、大分県立津久見高等学校、大分県立臼杵商業高等学校の3校を統合して、新たに大分県立津久見高等学校が設けられ、海洋科学高校はその分校の大分県立津久見高等学校海洋科学校となった。海洋科学校は、引き続き海洋科学高校の敷地に置かれ[1]、在学生は新設された津久見高校海洋科学校に移籍した[2]

しかし、漁業従業者や船員の不足や、法改正によって1学年1学級が認められるようになったといった状況の変化を踏まえて、海洋科学校は再び単独校化されることになり[3][4][5]2017年3月に閉校[6]。同年4月に新たに大分県立海洋科学高等学校が設けられた[7][8]

年表[編集]

  • 1944年 - 大分県立臼杵農水産学校として創立。
  • 1948年 - 大分県立臼杵高等学校第四部(水産科)に改称。
  • 1949年 - 大分県立臼杵高等学校港町校舎(水産科)に改称。
  • 1951年 - 大分県立海部高等学校に改称。
  • 1953年 - 大分県立水産高等学校に改称。
  • 1993年 - 大分県立海洋科学高等学校に改称。
  • 2012年
    • 3月 - 大分県立海洋科学高等学校閉校。
    • 4月 - 海洋科学高校、臼杵商業高校、津久見高校を統合して、新たに大分県立津久見高等学校及びその分校の大分県立津久見高等学校海洋科学校が開校。
  • 2017年
    • 3月 - 大分県立津久見高等学校海洋科学校閉校。
    • 4月 - 大分県立海洋科学高等学校開校。

学科[編集]

本科
  • 海洋科
    • 水産コース
      • 航海系
      • 機関系
    • 食品コース・食品系

かつては海洋生産科・海洋技術科の2学科があったが、2009年より海洋科の1学科1クラスとなった。

専攻科
  • 海洋技術専攻科
    • 航海コース
    • 機関コース

実習船[編集]

漁業実習船・新大分丸を保有し、ハワイ沖などで遠洋航海実習が行われている。

新大分丸は2000年に進水した4代目の実習船で、499総トン、全長56.96m(垂線間長48.50m)、全幅9.40m、全高6.25m。大分県臼杵市の下ノ江造船株式会社で建造された[9]

老朽化が進んでいるため、香川県と共同で実習船を新造し、2019年度 - 2030年度の間共同運航する予定である[10]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]