大分県道217号臼杵津久見線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
大分県道217号標識
大分県道217号 臼杵津久見線
一般県道 臼杵津久見線
起点 大分県臼杵市港町東【地図
終点 大分県津久見市道尾【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道33号標識
大分県道33号臼杵停車場線
Japanese National Route Sign 0217.svg 国道217号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

大分県道217号臼杵津久見線(おおいたけんどう217ごう うすきつくみせん)は、大分県臼杵市から津久見市に至る一般県道である。

概要[編集]

臼津バイパス供用以前は国道217号の一部であった。

路線データ[編集]

歴史[編集]

かつては国道217号の一部であったが、1972年3月の臼津バイパス開通に伴い、同番号の大分県道217号臼杵津久見線に指定換えされた[2]

1983年には下浦トンネルが拡幅されている。下浦トンネルは、2013年10月15日深夜に天井が崩落し通行止めとなったが、2014年7月15日深夜に開通した[3]

2016年7月には、大雨により臼杵市大泊 - 津久見市徳浦間が全面通行止めになったが[4]11月2日に規制が解除された[5]

地理[編集]

起点(臼杵市側)から大泊までは海に沿った2車線道路で、制限速度は時速40 kmとされており、右側はみ出し禁止の黄色いセンターラインが入っている。大分県道707号大泊浜徳浦線の信号交差点を過ぎると1車線区間が混じるようになりヘアピンカーブが続く。

臼杵市と津久見市の境の臼津峠にある臼津トンネルは、素掘りのトンネルであり、高さ制限3.7mである。徳浦の信号交差点を過ぎてセメント工場内を通り、下浦トンネルを過ぎると、国道217号の交差点に出る。ここが終点である。

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

交差する道路 市町村名 交差する場所
大分県道33号臼杵停車場線 臼杵市 港町東 起点
大分県道510号臼杵港線 大字板知屋
大分県道707号大泊浜徳浦線 大字大泊
大分県道707号大泊浜徳浦線 津久見市 合ノ元町
国道217号
大分県道648号津久見インター線
道尾 終点

交差する鉄道[編集]

沿線にある施設など[編集]

  • E10 東九州自動車道 17 津久見IC

道路施設[編集]

[編集]

トンネル[編集]

起点から

  • 臼津隧道:延長332 m、1948年(昭和23年)竣工、臼杵市 - 津久見市
  • 徳浦トンネル:延長62 m、1936年(昭和11年)竣工、津久見市
  • 下浦トンネル:延長154 m、1936年(昭和11年)竣工、津久見市
  • 水晶山トンネル:延長497 m、1997年(平成9年)竣工、津久見市

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 管轄エリア・管理施設 大分県臼杵土木事務所
  2. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月、p.316
  3. ^ 市報つくみ 2014年8月号 (PDF) 津久見市
  4. ^ 通行止めのお知らせ(県道臼杵津久見線) 津久見市、2016年7月12日
  5. ^ 【規制解除のお知らせ】 県道 臼杵津久見線の全面通行止めについて 大分県、2016年11月2日

関連項目[編集]