大分県道26号三重野津原線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
大分県道26号標識
大分県道26号 三重野津原線
主要地方道 三重野津原線
路線延長 27.8 km
起点 豊後大野市清川町臼尾【地図
終点 大分市大字今市【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0502.svg 国道502号
中九州横断道路
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道57号標識
大分県道57号竹田犬飼線
Japanese National Route Sign 0442.svg 国道442号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

大分県道26号三重野津原線(おおいたけんどう26ごう みえのつはるせん)は、大分県豊後大野市から大分県大分市を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 延長:27.8 km
  • 起点:大分県豊後大野市清川町臼尾(国道502号交点)
  • 終点:大分県大分市大字今市(国道442号交点)

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道臼尾大野線・県道百枝大野線の一部・県道今市大野線が三重野津原線として主要地方道に指定される[1]

路線状況[編集]

一部区間は離合が困難な狭隘区間が存在するが、近年道路改良が進み、バイパス建設も進行している。

道路施設[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連事項[編集]