大劇会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大劇会館
Daigeki Kaikan
Daigekikaikan-02.jpg
大劇会館
地図
店舗概要
所在地 670-0917
兵庫県姫路市忍町68番地
座標 北緯34度49分47.4秒 東経134度41分17.7秒 / 北緯34.829833度 東経134.688250度 / 34.829833; 134.688250座標: 北緯34度49分47.4秒 東経134度41分17.7秒 / 北緯34.829833度 東経134.688250度 / 34.829833; 134.688250
開業日 1955年3月
閉業日 2015年11月8日
正式名称 姫路大劇会館
建物名称 大劇会館
施設所有者 吉岡興業株式会社
中核店舗 映画館(姫路大劇シネマ)
ボウリング場(大劇ボウル)
最寄駅 JR姫路駅山陽姫路駅
外部リンク 大劇会館
テンプレートを表示
姫路大劇シネマ
Himeji Daigeki Cinema
Daigekikaikan-01.jpg
情報
正式名称 姫路大劇シネマ
完成 1955年
開館 1955年3月
開館公演 掠奪された七人の花嫁
閉館 2015年11月8日
最終公演 昭和残侠伝 唐獅子牡丹
収容人員 1,034人
客席数 左記参照
設備 ドルビーサラウンドDLP
用途 映画上映
運営 吉岡興業株式会社
所在地 670-0917
兵庫県姫路市忍町68番地

大劇会館(だいげきかいかん)は兵庫県姫路市に存在した、映画館ボウリング場を併設した総合レジャービルの名称である[1]

歴史[編集]

  • 1955年昭和30年)3月:「姫路大劇」として開館[1][2]。こけら落としは『掠奪された七人の花嫁』。
  • 1964年(昭和39年)12月22日:建物を改築し「姫路東映大劇場」と「大劇パレス」の2館体制となる[3]
  • 1973年(昭和47年)4月27日:「大劇アカデミー」を新設し3スクリーンとなる[3]
  • 1975年(昭和50年)10月10日:4階に「大劇プラザ」「大劇ロマン」を増設し5スクリーンとなる[3]
  • 1993年平成5年)5月5日:「大劇プラザ」「大劇ロマン」の営業を終了[3]。同年7月より4階をカラオケボックス「カラオケゾーン タイムマシン」に転換し[4]、映画館は「大劇シネマ」に統一して3スクリーン体制に戻る。
  • 2014年(平成26年)9月28日:「カラオケゾーン タイムマシン」の営業を終了[4]
  • 2015年(平成27年)8月:建物の老朽化やシネコン「アースシネマズ姫路」(テラッソ姫路内)の台頭などにより閉館を発表する[1]
  • 2015年(平成27年)11月8日:完全閉鎖。建物は翌年に解体。跡地にはマンションが建設され、2018年(平成30年)9月に竣工予定となっていたが[5]、程なくして建設中止となり更地状態が続いている[6]

データ[編集]

  • 所在地:兵庫県姫路市忍町68番地
  • 運営:吉岡興業株式会社
フロア構成
施設
5階 大劇ボウル(ボウリング場)
4階 カラオケゾーン タイムマシン(1993年7月 - 2014年9月[4]
2・3階 大劇シネマ1(606席)
1階 大劇シネマ1
大劇シネマ2(308席)
大劇シネマ3(120席)

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c 前田昌宏 (2015年9月2日). “銀幕60年の歴史に終止符、姫路「大劇シネマ」閉館へ”. WalkerPlus. KADOKAWA. http://area.walkerplus.com/walker47/article/detail/ar0728201/le2262/20150902/2_201509010733563119/ 2015年10月31日閲覧。 
  2. ^ 姫路大劇60年の感謝「鉄道員などワンコイン(500円)上映」”. 姫路ハック (2015年10月15日). 2015年10月31日閲覧。
  3. ^ a b c d 姫路大劇シネマ”. 港町キネマ通り (2013年8月). 2015年10月31日閲覧。
  4. ^ a b c カラオケゾーン タイムマシン”. 姫路大劇会館. 2015年10月31日閲覧。
  5. ^ 60年の歴史に幕を閉じた「姫路大劇シネマ」の跡地にはマンションが建つみたい”. 姫路の種. mooco (2016年3月13日). 2016年4月6日閲覧。
  6. ^ 大劇シネマ跡に作っていたマンションが「建設中止」になったみたい!”. 姫路の種. mooco (2017年10月23日). 2018年12月1日閲覧。