大勲位瑞星大綬章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大勲位瑞星大綬章
大勲位瑞星大綬章副章.jpg
大勲位瑞星大綬章副章
大韓帝国による賞
種別 勲章
状態 廃止
歴史・統計
創設 1902年8月12日
初授与 1907年1月21日
最新(最後)
の授与
1910年4月2日
序列
上位 大勲位金尺大綬章
下位 大勲位李花大綬章
Order of the Auspiciou star.jpgOrder of the Auspiciou star 02.jpg
正章(左)と副章(右)

大勲位瑞星大綬章(だいくんいずいせいだいじゅしょう、朝鮮語:대훈위서성대수장)は、大韓帝国勲章である。

概要[編集]

大勲位瑞星大綬章は、1900年4月17日に発布された大韓帝国勅令第13号の勲章条例に追加される形で、1902年8月12日に制定された。名称は国初に基づくものである。

大勲位李花大綬章を受章した大韓帝国皇帝の血族や武官、文官などのなかでも優れた功績を上げたものに対し、皇帝の特旨で授与された[1]

形状[編集]

大勲位瑞星大綬章副章(一番下の一番左)を着用した長谷川好道

大勲位瑞星大綬章は正章と副章の二種類で構成されている。正章は銀製で、直径約7.6センチメートルである。正章の中央部には、中に銀白色の星が3個描かれた赤色の円がある。円の周りは木の葉で囲まれており、さらに外側には銀白色の十字とスモモの花が配置されている。正章に付属している金輪にもスモモの花が配置されている。副章の基本構造は正章と大差ないが、副章には金輪は付属せず、その代わりに裏にピンがついている。また、正章と副章に共通することとして、どちらも裏に「瑞星大勲」と記されていることが挙げられる[2]

大勲位瑞星大綬章を佩用する際は、織地淡紫色、双線黄色の大綬を右肩側から左わき腹側にかけて着用する。その他、副章は左胸[3]に、略綬は通常礼服時ラペルホールに佩用する[3]

受章者[編集]

受章年 受章月日 名前 職業等 国籍
1907年 1月21日 李載覚[4] 韓国赤十字社総裁 Flag of Korea (1882-1910).svg大韓帝国
1月23日 田中光顕[5] 宮内大臣 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国
3月12日 長谷川好道[6] 朝鮮総督、陸軍大将 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国
6月29日 寺内正毅[7] 陸軍大臣 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国
7月27日 林董[8] 外務大臣 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国
10月30日 李載冕[9] 李氏朝鮮王族 Flag of Korea (1882-1910).svg大韓帝国
李載完[10] 陸軍副将 Flag of Korea (1882-1910).svg大韓帝国
1908年 1月29日 徳大寺実則[11] 内大臣侍従長 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国
3月20日 閔丙奭[12] 政治家、子爵 Flag of Korea (1882-1910).svg大韓帝国
5月7日 尹沢栄[13] 海豊府院君 Flag of Korea (1882-1910).svg大韓帝国
9月23日 李埈鎔[14] 大韓帝国皇族 Flag of Korea (1882-1910).svg大韓帝国
1909年 9月6日 曾禰荒助[15] 韓国統監 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国
1910年 4月2日 岩倉具定[16] 宮内大臣 Flag of Japan (1870-1999).svg大日本帝国

脚注[編集]

  1. ^ 훈장 등급을 변통하도록 명하다”. 국사편찬위원회 (1902年8月12日). 2012年4月24日閲覧。
  2. ^ 이강칠 (1999). 대한제국시대 훈장제도. 백산출판사. p. 93. 
  3. ^ a b 훈장 조례를 반포하다”. 국사편찬위원회 (1900年4月17日). 2012年4月23日閲覧。
  4. ^ 통감부의 총무장관 쯔루하라 사다키치 등에게 훈장을 주다”. 국사편찬위원회 (1907年1月21日). 2015年4月10日閲覧。
  5. ^ 고기 의식을 가지다”. 국사편찬위원회 (1907年1月23日). 2015年4月10日閲覧。
  6. ^ 해당한 일본인들에게 훈장을 주다”. 국사편찬위원회 (1907年3月12日). 2015年4月10日閲覧。
  7. ^ 일본 귀족원의원 후작 이케다 노라마사 등에게 훈장을 주다”. 국사편찬위원회 (1907年6月29日). 2015年4月10日閲覧。
  8. ^ 일본 외무대신 하야시 다다스에게 훈장을 수여하다”. 국사편찬위원회 (1907年7月27日). 2015年4月10日閲覧。
  9. ^ 이재면, 이재완 등과 일본국 관리들을 표창하다”. 국사편찬위원회 (1907年10月30日). 2015年4月10日閲覧。
  10. ^ 이재면, 이재완 등과 일본국 관리들을 표창하다”. 국사편찬위원회 (1907年10月30日). 2015年4月10日閲覧。
  11. ^ 추밀원의장 야마가타 아리토모 등에게 훈장을 수여하다”. 국사편찬위원회 (1908年1月29日). 2015年4月10日閲覧。
  12. ^ 임오년의 변란 때 공을 세운 충문공 민영위 등에게 특전을 베풀다”. 국사편찬위원회 (1908年3月20日). 2015年4月10日閲覧。
  13. ^ 해풍부원군 윤태영과 일본국 의사 고조 바이케이에게 훈장을 수여하다”. 국사편찬위원회 (1908年5月7日). 2015年4月10日閲覧。
  14. ^ 이준용, 김윤식에게 훈장을 수여하다”. 국사편찬위원회 (1908年9月23日). 2015年4月10日閲覧。
  15. ^ 소네 아라스케 및 통감부 일본인 관리들에게 훈장을 수여하다”. 국사편찬위원회 (1909年9月6日). 2015年4月10日閲覧。
  16. ^ 이와구라 도모사다에게 훈장을 수여하다”. 국사편찬위원회 (1910年4月2日). 2015年4月10日閲覧。

参考文献[編集]