大原博夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
大原 博夫
おおはら ひろお
生年月日 1894年3月15日
出生地 日本の旗 広島県 豊田郡 大河村
没年月日 (1966-01-11) 1966年1月11日(71歳没)
出身校 東京慈恵会医院医学専門学校
前職 県医師会長
所属政党 (協同民主党→)
(国民協同党→)
(社会革新党→)
無所属
親族 子・藤田正明(参議院議員)
孫・藤田雄山(広島県知事、参議院議員)

広島県の旗 公選第2代 広島県知事
当選回数 3回
在任期間 1951年1月24日 - 1962年4月13日
テンプレートを表示

大原 博夫(おおはら ひろお、1894年明治27年)3月15日 - 1966年昭和41年)1月11日[1])は日本医師・広島県医師会長[2][3][4]日本医師会理事[3]政治家衆議院議員(社会革新党[3][5]広島県会議員、同議長[4]広島県知事(第48、49、50代)[6]

三女は参議院議長を務めた藤田正明の妻[7]1993年から4期16年広島県知事を務めた藤田雄山は孫。

経歴[編集]

広島県豊田郡大河村(のちの東広島市河内町)出身[8]。医師・大原弥八の長男[8]1913年、広島県立広島中学校(現・広島県立広島国泰寺高等学校)卒業[4]1920年、東京慈恵会医院医学専門学校(現・東京慈恵会医科大学)卒業[8]。父の医業を継ぐ[8]。自宅で開業する[4]

県会議員を5期務めた[4]1943年、県医師会長に選出された[4]1946年第22回衆議院議員総選挙協同民主党公認で出馬し衆議院議員に当選した。協同民主党常任中央委員、国民協同党中央常任委員となる[3]。社会革新党常任中央執行委員会議長を務めた[3]1951年、前職の楠瀬常猪知事が参議院に鞍替えした。大原は広島県知事選挙に出馬、当選した。3期務めた。

大竹市へ石油コンビナート、福山市へ日本鋼管(現・JFEスチール)誘致に成功し、広島港の改修と埋め立て、広島空港の開設、県立医科大学の国立移管、県立農業短期大学の設置を実現[4]。しかし1962年、県議会で「大判小判事件」と呼ばれるスキャンダルが表面化、3期目途中で辞任し、引退した。

人物[編集]

  • 趣味は読書[2][9]。宗教は真宗[2][9]。住所は広島県豊田郡河内町河戸[2](現東広島市)。
  • 広島市中区加古町にある広島県職員原爆犠牲者慰霊碑(1958年8月6日建立)には、知事として大原の名が刻まれている[10]

家族・親族[編集]

大原家

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』138頁。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第15版 下』補遺13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e 『議会制度七十年史 第11』107頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 大正02年卒の人物 大原博夫鯉城同窓会、2015年12月23日閲覧。
  5. ^ 『政党年鑑 昭和24年』187 - 189頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年3月11日閲覧。
  6. ^ 広島県歴代知事広島県ホームページ、2015年12月23日閲覧。
  7. ^ a b 『豪閥 地方豪族のネットワーク』89 - 90頁。
  8. ^ a b c d e 原爆被爆下における広島県医師会長大原博夫先生の活動について 江川義夫広島県医師会速報(第1842号、2003年9月5日)、2015年12月24日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第13版 上』オ157頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2015年12月24日閲覧。
  10. ^ 広島県職員原爆犠牲者慰霊碑ひろしまナビゲーター、2015年12月23日閲覧。
  11. ^ 『明治大学校友会会員名簿 大正13年7月』163頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年10月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『明治大学校友会会員名簿 大正13年7月』明治大学校友会本部、1924-1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 下』人事興信所、1948年。
  • 朝日新聞政党記者団編『政党年鑑 昭和24年』ニュース社、1948年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第11』大蔵省印刷局、1962年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤朝泰『豪閥 地方豪族のネットワーク』立風書房、2001年。