大原寿恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大原 寿恵子(おおはら すえこ、1883年 - 1930年)は、アララギ派の歌人で、実業家大原孫三郎の妻。旧姓は石井(スエ)。

広島県生まれ。1901年(明治34年)、岡山孤児院を創設した石井十次の紹介で大原孫三郎と結婚。大原総一郎は長男。

参考文献[編集]

  • 「大原寿恵子歌集抄」1962年 (版画: 棟方志功)

関連項目[編集]