大原敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
大原 敏夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 1918年1月7日
没年月日 1939年
身長
体重
162[1] cm
60[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1937年
初出場 1937年4月12日[1]
最終出場 1938年11月17日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大原 敏夫(おおはら としお、1918年1月7日 - 1939年)は、愛媛県出身のプロ野球選手捕手)。

来歴・人物[編集]

愛媛県立越智中学校(現・愛媛県立今治南高等学校)在学時代は内野手だった。その後呉海軍工廠では捕手を務め、1937年阪急軍に入団。

当時の阪急の捕手には倉本信護(ちなみに、彼とは呉海軍工廠でチームメイトだった)、島本義文がいて出場が難しいかと思われたが、デビュー戦となった1937年4月12日のイーグルス戦で、8番捕手として先発出場[1]。2打数1安打1打点1盗塁と活躍し、2人の正捕手争いに割って入る事ができた。その後、倉本が名古屋軍へ移籍し、島本が持病の肩痛で出場機会が減少したことから、翌1938年に阪急の正捕手になった。打撃面ではそれほど良くなかったものの、前川八郎巨人)からホームランを打つなど、意外性のある打者として活躍。結果的に最後の出場となった、1938年11月17日の巨人戦では、当時の巨人のエース・スタルヒンから3打数1安打の好成績を残している[1]

しかし、1938年秋季シーズン終了後、応召。翌1939年中国大陸で戦死した[2](正確な没年日時・死没場所は不明)。数え22歳没。

東京ドーム敷地内にある、鎮魂の碑には彼の名が刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 阪急 9 21 15 2 2 0 0 0 2 2 1 -- 0 -- 5 -- 1 2 -- .133 .381 .133 .514
1937 29 79 64 3 8 0 0 0 8 2 0 -- 3 -- 12 -- 0 12 -- .125 .263 .125 .388
1938 27 98 84 6 12 1 0 0 13 3 3 -- 5 -- 9 -- 0 13 -- .143 .226 .155 .381
1938 36 129 113 9 29 1 2 1 37 12 1 -- 4 -- 12 -- 0 15 -- .257 .328 .327 .655
通算:2年 101 327 276 20 51 2 2 1 60 19 5 -- 12 -- 38 -- 1 42 -- .185 .286 .217 .503

記録[編集]

背番号[編集]

  • 12 (1937年 - 1938年)[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]