大友親盛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
大友 親盛
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 永禄10年(1567年
死没 寛永20年1月14日1643年3月4日
改名 大友親盛→田原親盛→松野半斎
別名 民部少輔(通称)
霊名 パンタレアン
墓所 熊本県熊本市岫雲院 (春日寺)
幕府 江戸幕府
主君 大友義統細川忠興
氏族 大友氏
父母 大友義鎮(宗麟)奈多夫人
養父田原親賢
兄弟 義統親家親盛、ジュスタ(一条兼定室のち清田鎮忠室)、テクラ(久我三休室)、女(奈多鎮基室)、女(一萬田鎮実室)、女(母里友信室)、女(臼杵統尚室)、レジナ (伊東義賢室)、桂姫小早川秀包室)、女
正室田原親賢の娘
親治

大友 親盛(おおとも ちかもり)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大友氏家臣。田原氏庶流の武蔵田原家の当主で田原 親盛を称す。

生涯[編集]

永禄10年(1567年)、豊後国戦国大名大友義鎮(宗麟)三男として誕生。

天正8年(1580年)に洗礼を受けキリシタンとなる、洗礼名はパンタレアン。大友氏の有力家臣で叔父である田原親賢が養子の親虎を廃嫡し武蔵田原家の後継者が不在となると、天正9年(1581年)、親賢の婿養子となり、名を田原親盛と改め、妙見嶽城に入城する。

父宗麟は子の中でも親盛を最も信頼したとされ、島津氏との戦いである豊薩合戦においては、主に妙見嶽城を拠点に、秋月氏・島津両氏と内通した豊前国国人衆の反乱への対処に奔走し、天正14年(1587年)12月の戸次川の戦いでは先陣を務めた。また、府内を脱出した兄義統やキリスト教宣教師らを妙見嶽城に保護している。

天正20年(1592年)の文禄の役にも参陣したが、兄義統の敵前逃亡を咎められたため、文禄2年(1593年)に大友氏が改易され、細川忠興に2000石で仕え(後に1000石加増)、名も松野半斎と改めた。

兄・大友義統庶子・正照を養子として育てた。

寛永20年(1643年)、死去

参考文献[編集]