大口町 (鹿児島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おおくちちょう
大口町
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
大口町山野町、羽月村、西太良村 → 大口市
現在の自治体 伊佐市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
伊佐郡
総人口 17,772
国勢調査1950年
隣接自治体 鹿児島県
伊佐郡山野町、菱刈町、羽月村
熊本県
人吉市
宮崎県
西諸県郡真幸町
大口町役場
所在地 鹿児島県伊佐郡大口町大字里1977-16[1]
Location of Okuchi, Kagoshima, Japan at 1950.svg
大口町の位置図(1950年時点)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大口町(おおくちちょう)は鹿児島県北東部、伊佐郡に属していた。現在の伊佐市の市役所所在地であり、同市中心部から東側一帯にあたる。

地理[編集]

  • 山 : 鳶巣岳、高熊山、間根ヶ平、国見山
  • 峠 : 久七峠
  • 河川 : 羽月川、水之手川

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、里村、原田村、大田村、牛尾村、木ノ氏村、目丸村、青木村、篠原村の区域より北伊佐郡大口村が発足。江戸期の旧村は大字となる[2]
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 所属郡が伊佐郡に変更。
  • 1918年大正7年)4月1日 - 大口村が町制施行して大口町となる[2]
  • 1954年昭和29年)4月1日 - 山野町・羽月村・西太良村と合併して大口市が発足。同日大口町廃止。
廃止後

行政[編集]

町村制施行から1954年の大口町廃止までの大口村長・大口町長を一覧化する[3]

大口村
氏名 就任期間
初代村長 有村隼太 1889年 - 不明
二代村長 堀之内正蔵 不明 - 1893年
三代村長 須佐美半之助 1893年 - 1895年
四代村長 宮内英治 1895年
五代村長 薗田与八郎 1895年 - 1898年
六代村長 市来政国 1898年 - 1900年
七代村長 平井省 1900年 - 1908年
八代村長 寺原竹二 1908年 - 1909年
九代村長 大脇虎之助 1909年 - 1917年
大口町
初代町長 井畔友輔 1917年 - 1921年
二代町長 松永亀次 1921年 - 1925年
三代町長 寺原竹二 1925年 - 1929年
四代町長 井畔儀彦 1929年 - 1941年
五代町長 有満金次郎 1941年 - 1945年
六代町長 原口純充 1945年 - 1946年
七代町長 薗田長仁 1946年 - 1954年

交通[編集]

鉄道路線[編集]

後に旧町域に山野線郡山八幡駅が設置されたが、当時は未開業。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鹿児島県市町村勢要覧 昭和25年度』p.151 - 鹿児島県総務部統計調査課 1961年
  2. ^ a b 角川日本地名大辞典 46 鹿児島県 p.147
  3. ^ 南日本新聞社鹿児島大百科事典編纂室 『鹿児島大百科事典』 南日本新聞社1981年、127頁。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』 角川書店1983年。ISBN 978-4040014609。

関連項目[編集]