大口真洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大口真洋
Masahiro Ohguchi
Ohguchi masahiro.jpg
三遠ネオフェニックス  No.3
永久欠番 3
ポジション シューティングガード
背番号 3
身長 172cm (5 ft 8 in)
体重 73kg (161 lb)
基本情報
ラテン文字 Masahiro Ohguchi
誕生日 (1976-01-06) 1976年1月6日(43歳)
日本の旗 日本
出身地 大阪府の旗 大阪府
出身 天理大学
ドラフト  
選手経歴
1998-2007
2007-2008
2008-2016
2016-
オーエスジーフェニックス(日本リーグ)
オーエスジーフェニックス東三河(JBL)
浜松・東三河フェニックス(bjリーグ)
三遠ネオフェニックス(B.LEAGUE)
指導者経歴
2014-2017


2018-

浜松・東三河フェニックス三遠ネオフェニックスアシスタントコーチ(選手兼務)[2]

浜松学院大学監督[3]

大口 真洋おおぐち まさひろ1976年1月6日 - )は、大阪府堺市堺区出身のプロバスケットボール選手・指導者である。20年間フェニックス一筋4度優勝に導く。日本リーグスーパーリーグbjリーグB.LEAGUE三遠ネオフェニックスで現役引退後、浜松学院大学男子バスケットボール部初代監督に就任[4]

来歴[編集]

12歳の時、堺市立月州中学校に入学と同時にバスケ部に入部しバスケットボールを始める。初芝高等学校(現・初芝立命館中学校・高等学校)を経て、1998年にオーエスジーフェニックスに加入。2003年のオールジャパンではベスト5に選出される。bjリーグ転籍後の浜松では主将を務める。2009-10シーズンプレイオフで優勝に貢献し、プレイオフMVPを受賞する。2014-15シーズンよりアシスタントコーチを兼任。『ミスターフェニックス』『神様仏様大口様』と親しまれ引退の日も『猿飛佐助』の如くコートを走り回り会場をわかせ、2018年20年間の現役引退。 2018年浜松学院大学男子バスケットボール部初代監督に就任[5]
妻はFM豊橋パーソナリティ天野二美 [1]

記録[編集]

bjリーグ1試合最多3ポイントシュート成功数 

経歴[編集]

  • 月州中学校 - 初芝高 - 天理大学- オーエスジーフェニックス東三河/浜松・東三河フェニックス/三遠ネオフェニックス(1998年〜現在)

主な成績[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
JBL 07-08 オーエスジー 30 --- 11.0 57.6 54.8 54.5 1.1 0.6 0.6 0.0 0.3 3.4
bj 08-09 浜松 50 --- 18.6 34.6 32.6 85.4 2.4 1.4 1.9 0.0 0.4 5.2
bj 09-10 浜松 52 12 24.2 36.3 37.3 75.6 2.5 2.0 1.6 0.0 0.8 6.1
bj 10-11 浜松 40 1 21.3 39.7 39.3 64.9 2.3 1.8 1.4 0.0 0.5 6.0
bj 11-12 浜松 48 --- 17.6 44.0 37.1 79.1 1.9 1.1 1.5 0.0 0.3 5.6
bj 12-13 浜松 52 14 19.5 34.7 33.6 77.8 2.0 1.0 0.6 0.0 0.4 4.6
bj 13-14 浜松 52 27 25.3 39.5 36.2 77.1 2.8 1.2 1.4 0.1 0.7 6.5
bj 14-15 浜松 52 3 20.2 44.0 44.9 77.4 2.1 0.8 0.9 0.0 0.4 6.0
bj 15-16 浜松 52 3 13.8 34.2 32.7 73.9 1.6 0.8 0.7 0.0 0.4 4.2
B1 16-17 三遠 20 --- 3.5 35.0 18.8 100.0 0.3 0.1 0.1 0.0 0.1 0.9
略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン

脚注[編集]

  1. ^ [1]妻はFM豊橋パーソナリティ天野二美

関連項目[編集]