大同塗料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大同塗料株式会社
DAIDO CORPORATION.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 大同塗料
本社所在地 日本の旗 日本
532-0032
大阪府大阪市淀川区三津屋北2丁目14番18号
設立 1937年(昭和12年)
業種 化学
法人番号 6120901024476
事業内容 各種合成樹脂系塗料の製造販売
代表者 取締役社長 吉治孝志
資本金 1億円
純利益 2億9200万円(2019年06月30日時点)[1]
総資産 125億7500万円(2019年06月30日時点)[1]
従業員数 230名
外部リンク http://www.daido-toryo.co.jp
特記事項:東京支店は東京都江東区佐賀1丁目18番8号に所在する。
テンプレートを表示

大同塗料株式会社(だいどうとりょう、英称:DAIDO CORPORATION.)は、大阪府大阪市淀川区に本社を置く塗料の製造販売をおこなう企業である。

会社概要[編集]

主に特殊な用途に用いられる塗料の製造販売をおこなう。中でも小・中学校・高校などに体育施設として設置されているプール内の塗装に用いられる、水色の塗料「プールコート」で圧倒的シェアを誇る[2]。一般的に用途の高い、建材用や自動車用向け塗料は製造していない。

他にも学校の教室に設置されている、黒板の土台となる木板用の塗料や、室内の床用として耐熱、耐電性に強い「ユカクリート」など、特殊な用途に向けての塗料が多数を占めており、ニッチ分野でのシェアを持つ企業としての側面を持つ。

近年では同社の施工ノウハウを生かし、特殊エンジニアリング分野におけるコンクリート再生工法「コンフレッシュシステム」を開発すると共に、技術と工場を持つエンジニアリング会社を標榜している。

関連項目[編集]

脚注[編集]