大和弥八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

大和 弥八郎(やまと やはちろう、天保6年11月3日1835年12月22日) - 元治元年12月19日1865年1月16日))は、江戸時代末期(幕末期)の長州藩士大和国之助とも。甲子殉難十一烈士の一人。

1862年久坂玄瑞寺島忠三郎らと横浜居留地焼討ちを計ったが、藩主・毛利定広に伝わり実行には到らなかった。その後、御楯組結成に参加。1865年、山田亦介前田孫右衛門毛利登人松島剛蔵渡辺内蔵太・楢崎弥八郎らと共に斬罪に処された。