大和真也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

大和 真也(やまと まや、出版社によっては眞也1961年 - )は、日本の女性SF作家少女小説家

経歴・人物[編集]

「やまとまや」というペンネームは回文となっている。1978年、高校3年生で投じた「カッチン」が、第1回奇想天外SF新人賞で佳作入選[1]。同じく佳作入選の新井素子[1]とともに、史上初の現役高校生SF作家として注目を集めた[2]。なお、受賞作「カッチン」はアンソロジー本『てめえらそこをどきやがれ!―「奇想天外」傑作選』(大陸ノベルス、ISBN 978-4803318746)に収録されている。後に集英社コバルト文庫から作家デビューし、少女向けのSF作品等を刊行した。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

集英社文庫 - ジュゼ・シリーズ
1.  『フォックスさんにウインクを』   1983年5月   ISBN 978-4086105675
2.  『眠り姫にキス!』   1983年10月   ISBN 978-4086106078
3.  『回らない風車』   1984年3月   ISBN 978-4086106498
4.  『水曜日には雨が降る』   1984年11月   ISBN 978-4086107051
5.  『アダ』   1985年8月   ISBN 978-4086107716
6.  『黄昏時は夢を見る』   1986年5月   ISBN 978-4086108393
7.  『坂の向こうの茜空』   1988年2月   ISBN 978-4086111324
みき書房 - スターゲイザー・シリーズ
1.  『風吹く夜はラグタイム』   1984年8月   ISBN 978-4895211130
2.  『風が奏でるメヌエット』   1986年1月   ISBN 978-4895211512
3.  『聞かせて君のブルースを』   1987年7月   ISBN 978-4895211611
角川書店 - 蜜柑山奇譚シリーズ
1.  『花が散る春』   1988年9月   ISBN 978-4044317010
2.  『鳥が来る夏』   1990年4月   ISBN 978-4044317027

アンソロジー収録作品[編集]

  • 『まるまる大原まり子』 1984年07月 みき書房 寄せ鍋座談会
  • 『愛してるかいSF』 1985年05月 みき書房 語り下ろし対談
  • 「カッチン」 1988年12月 大陸書房 『てめぇらそこをどきやがれ』収録(夢枕獏編)
  • 「竜の封印」 1989年02月 集英社『魔法の鍵』収録(めるへんめーかー編)
  • 「お昼寝から目覚めたら‥・」 1993年03月 『アスペクト 架空幻想都市[下]』収録(めるへんめーかー編)

雑誌掲載後、単行本未収録作品[編集]

『奇想天外』[編集]

  • 「いたちごっこ」1979年05月 奇想天外社
  • 「人魚姫へ・・・」1979年10月 奇想天外社
  • 「ビッグ・ボム」1980年12月 奇想天外社

季刊『cobalt』[編集]

  • 「メリーゴーラウンド」 '84 SPRING 集英社
  • 「砂夢」 '85 SUMMER 集英社
  • 「あまね姫」 '85 WINTER 集英社
  • 「リトレイク誘拐話」 '86 SUMMER 集英社
  • 「ラウルク殺人事件」 '87 SUMMER 集英社
  • 「イデラクロ爆弾魔」 '87 WINTER 集英社
  • 「ルストクロ遭難譚」 '88 SUMMER 集英社
  • 「家主のたたりは酢豚の子供の夢を見るか」 '88 WINTER 集英社
  • 「トリクロル偏執狂」 '89 WINTER 集英社

パステルクラブ[SFアドベンチャー増刊][編集]

  • 「お子様ランチ同好会 '89年春号 徳間書店
  • 「お子様ランチ同好会2 '89年秋号 徳間書店

脚注[編集]

  1. ^ a b 奇想天外 1978年2月号”. 奇想天外社 (1978年2月1日). 2013年3月23日閲覧。
  2. ^ 第一回奇想天外SF新人賞:選考過程”. 奇想天外社 (1978年2月1日). 2013年3月23日閲覧。