大坂金助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大坂 金助(おおさか きんすけ、1845年11月26日弘化2年10月27日) - 1925年大正14年)3月12日[1])は、日本政治家貴族院議員、衆議院議員、青森市会議員[2]大地主、青森県多額納税者[3]実業家。青森商業銀行、青湾貯蓄銀行各頭取[4][5]。青森電燈、青森倉庫、青森瓦斯各社長[4][5]。青湾貯蓄銀行、歌舞伎座各取締役[4][5]。青森商業会議所会頭[2]。族籍は青森県平民[3]

経歴[編集]

陸奥国津軽郡蜆貝村(現・青森県青森市)出身。大坂彌吉の長男[6]

幼くして両親と死別して孤児となった[2]。一時ヤクザの世界に身を置いた[2]。塩町に貸座敷・大金楼を開業した[2]。のち酒造業、質屋を開いた[2]。青森商業銀行、青湾貯蓄銀行、青森電燈会社、青森瓦斯会社などを設立した[2]

1908年5月、第10回衆議院議員総選挙に青森市選挙区から出馬して当選[7]1915年3月の第12回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算二期務めた[7]。また、1918年12月26日、貴族院多額納税者議員に選出され[8]1920年8月24日に辞職した[9][10]

人物[編集]

身を微賤より起こし一代にして巨万の富を造り青森市の有力者となった[1]

家族・親族[編集]

大坂家

青森県青森市大町[3]

  • 父・彌吉(青森平民)[3]
  • 養女・きの(青森平民・其田永吉の三女)[3]
1861年 -
  • 金四郎(離縁養子金次の長男)[3]
1894年 -
  • 一郎(養子吉彌の養子)[3]
1898年 -

脚注[編集]

  1. ^ a b 『青森県人名録』229頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 大坂 金助とはコトバンク。2016年11月20日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第4版』を87頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月20日閲覧。
  4. ^ a b c 『日本全国諸会社役員録 第31回』351-363頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月20日閲覧。
  5. ^ a b c 『日本全国諸会社役員録 第25回』614-630頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月20日閲覧。
  6. ^ a b 『人事興信録 第6版』を107頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月20日閲覧。
  7. ^ a b 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』126頁。
  8. ^ 『官報』第1921号、大正7年12月27日。
  9. ^ 『官報』第2420号、大正9年8月25日。
  10. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』190-191頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第25回』商業興信所、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 商業興信所編『日本全国諸会社役員録 第31回』商業興信所、1923年。
  • 東奥日報社編『青森県人名録』東奥日報社、1933年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。