大垣昌夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大垣 昌夫
生誕 (1958-04-16) 1958年4月16日(60歳)
日本の旗 日本大阪府
研究機関 慶應義塾大学 (2009年 - )
研究分野 行動経済学
母校 アメリカ合衆国の旗 シカゴ大学
大阪大学
博士課程
指導教員
ラース・ハンセン
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

大垣 昌夫(おおがき まさお、1958年昭和33年)4月16日[1] - )は日本の経済学者慶應義塾大学経済学部教授。学位はPh.D.シカゴ大学[2])。専門分野はマクロ経済国際経済学計量経済学行動経済学大阪府出身[3]

シカゴ大学在学時代はラース・ハンセン(2013年にノーベル経済学賞を受賞)に直接師事した。ハンセンは2009年、慶應義塾大学に客員教授として1年間在籍していた[4]

経歴[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.304
  2. ^ a b 博士論文”. WorldCat. 2014年11月7日閲覧。. 論文題目は“Learning about preferences from time trends”。
  3. ^ a b メンバー紹介”. 大垣昌夫研究会(大垣ゼミ). 2014年11月7日閲覧。
  4. ^ Curriculum Vitae”. ラース・ハンセン. 2014年11月8日閲覧。

関連項目[編集]