大城区域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大城区域
位置
Kumsusan Memorial Palace, Pyongyang.jpg
各種表記
チョソングル: 대성구역
漢字: 大城區域
片仮名転写: テソン=グヨク
ローマ字転写 (MR): Taesŏng-guyŏk
統計
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
テンプレートを表示

大城区域(テソンくいき)は、朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市にある行政区域の一つ。都心部の北部にある。

地理[編集]

大同江の右岸にある。西側は西城区域牡丹峰区域と、南は大同江を隔てて中区域大同江区域寺洞区域と、東は勝湖区域三石区域と、北は龍城区域と接する。

行政区域[編集]

15洞を管轄する。

  • 閘門洞(カンムンドン)
  • 高山洞(コサンドン)
  • 大城洞(テソンドン)
  • 龍南洞(リョンナムドン)
  • 龍北洞(リョンブクトン)
  • 龍興一洞(リョンフンイルトン)
  • 龍興二洞(リョンフンイドン)
  • 龍興三洞(リョンフンサムドン)
  • 林興洞(リムンドン)
  • 嵋山一洞(ミサニルトン)
  • 嵋山二洞(ミサニドン)
  • 嵋岩洞(ミアムドン)
  • 安鶴洞(アナクトン)
  • 青岩洞(チョンアムドン)
  • 青湖洞(チョンホドン)

歴史[編集]

この節の出典[1]

  • 1958年6月 - 平壌直轄市西区域嵋山洞・青岩洞・龍興洞・龍北洞・龍南洞・戦勝洞・興富洞・臥山洞・大城里、北区域高山洞・安鶴洞・三神洞・林興里をもって、大城区域を設置。(11洞2里)
  • 1959年2月 - 平安南道大同郡和盛里・清渓里を編入。(11洞4里)
  • 1959年9月 - 和盛里・清渓里が新設の龍城区域に編入。(11洞2里)
  • 1960年10月 (9洞)
    • 臥山洞・龍興洞・龍北洞が西城区域に編入。
    • 興富洞・戦勝洞が新設の牡丹峰区域に編入。
    • 嵋山洞の一部が分立し、嵋岩洞が発足。
    • 大城里が大城洞に昇格。
    • 林興里が林興洞に昇格。
  • 1963年 - 嵋山洞が分割され、嵋山一洞・嵋山二洞が発足。(10洞)
  • 1965年 - 西城区域龍北洞・龍興一洞・龍興二洞を編入。(13洞)
  • 1967年 - 高山洞・林興洞の各一部が合併し、青湖洞が発足。(14洞)
  • 1972年 (17洞)
    • 龍北洞が分割され、龍北一洞・龍北二洞が発足。
    • 龍興一洞・龍興二洞の各一部が合併し、龍興三洞が発足。
    • 嵋山一洞・嵋山二洞の各一部が合併し、嵋山三洞が発足。
  • 1979年 - 嵋山三洞が嵋山二洞に編入。(16洞)
  • 1983年 - 龍北一洞・龍北二洞が合併し、龍北洞が発足。(15洞)
  • 1990年 - 三神洞が高坊山洞に改称。(15洞)
  • 1991年 - 高坊山洞が閘門洞に改称。(15洞)
  • 1995年 - 龍興二洞・龍興三洞の境界線を調整。(15洞)

施設[編集]

交通[編集]

脚注[編集]