大堀村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大堀村
廃止日 1956年5月1日
廃止理由 新設合併
大堀村、浪江町、苅野村津島村浪江町
現在の自治体 浪江町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 福島県
双葉郡
総人口 3,448
(1950年10月1日)
隣接自治体 双葉郡浪江町双葉町大熊町葛尾村苅野村
田村郡都路村
大堀村役場
所在地 福島県双葉郡大堀村小野田字天神前5
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

大堀村(おおぼりむら)は、昭和31年(1956年)まで福島県双葉郡に存在していた村。現在の双葉郡浪江町中南部にあたる。

地理[ソースを編集]

  • 山:手倉山(631m)、十万山(448.4m)、戸神山(430m)

沿革[ソースを編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、大堀村・井手村・小野田村・小丸村・酒井村・末森村・田尻村・谷津田村の計8か村が合併して新制の標葉郡大堀村が発足。
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 標葉郡と楢葉郡が合併して双葉郡が発足。双葉郡大堀村となる。
  • 昭和16年(1941年)2月 - 浪江町との間で境界変更を行う[1]
  • 昭和31年(1956年)5月1日 - 浪江町・苅野村津島村と合併し、新制の浪江町となる。

行政[ソースを編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 星智矩 明治22年(1889年)7月6日 明治30年(1897年)8月15日
2 山田秀利 明治30年(1897年)10月1日 明治38年(1905年)9月30日
3 星智矩 明治39年(1906年)3月6日 明治44年(1911年)10月17日 再任
4 常盤雄之助 明治44年(1911年)11月4日 大正9年(1920年)9月18日
5 山田則三 大正9年(1920年)12月11日 昭和3年(1928年)12月10日
6 宮内政雄 昭和3年(1928年)12月11日 昭和7年(1932年)6月1日
7 荒木泰助 昭和7年(1932年)6月16日 昭和15年(1940年)6月15日
8 松崎輝至 昭和15年(1940年)6月16日 昭和19年(1944年)6月11日
9 星卓爾 昭和19年(1944年)6月29日 昭和21年(1946年)12月6日
10 森茂 昭和22年(1947年)4月15日 昭和26年(1951年)4月3日
11 山田廣秀 昭和26年(1951年)4月23日 昭和30年(1955年)4月29日
12 金澤芳美 昭和30年(1955年)4月30日 昭和31年(1956年)4月30日

教育[ソースを編集]

  • 大堀村立大堀小学校
  • 大堀村立大堀中学校
    • 大堀村立大堀中学校三程分校

参考文献[ソースを編集]

  • 『浪江町史』(福島県双葉郡浪江町、1974)
  • 『浪江町近代百年史』第一集(浪江町郷土史研究会、1984)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大堀村小野田字二又川原を浪江町へ、浪江町川添字上高塚を大堀村へ、それぞれ編入。

関連項目[ソースを編集]