大場鑑次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
大場鑑次郎

大場 鑑次郎(おおば かんじろう、1888年明治21年)2月12日 - 1980年昭和55年)5月15日[1])は、日本の内務警察官僚。官選愛媛県知事関東州庁長官。旧姓・金子。

経歴[編集]

山形県出身。農業・金子慶治の三男として生まれ、大場徳太郎の養子となる。山形県立山県中学校第二高等学校を卒業。 1911年7月、東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入省し愛媛県試補となる[1]

1913年7月、愛媛県警視に就任。以後、北海道庁理事官視学官高知県理事官、関東庁事務官・警務局保安課長、同局高等警察課長兼保安課長、同局保安課長、東京府内務部長、福岡県書記官・内務部長などを経て、1931年5月、台湾総督府文教局長に就任し1932年3月まで在任。1933年9月、関東庁警務局長、1934年12月、関東州庁長官となる[1]

1935年1月、愛媛県知事に転任。長年の懸案であった銅山川取水問題を解決に導いた。1937年7月に知事を辞職[2]。同年に退官した[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本近現代人物履歴事典』110頁。
  2. ^ 『新編日本の歴代知事』925頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』198頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。