大塚周一 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

大塚 周一(おおつか しゅういち、1951年9月3日 - )は、日本技術者実業家エルピーダメモリ最高執行責任者を経て、初代ジャパンディスプレイ社長最高経営責任者を務めた。

人物・経歴[編集]

福岡県出身[1]福岡県立嘉穂東高等学校を経て[2]、1973年に佐賀大学理工学部物理学科卒業後[1]、進工業入社[3]。1980年日本テキサス・インスツルメンツ入社。1998年ソニー入社。2001年ソニーセミコンダクタネットワークカンパニーシステムデバイスカンパニープレジデント。2002年エルピーダメモリ入社。2004年エルピーダメモリ取締役COO。2011年ジャパンディスプレイ統合準備会社代表取締役。2013年からジャパンディスプレイ代表取締役社長CEOを務め[4]、売上高1兆円を目標に掲げ[5]、事業統合にあたった[6]

脚注[編集]


先代:
(旧日立ディスプレイズを改組)
ジャパンディスプレイ社長
2013年 - 2015年
次代:
有賀修二
先代:
(旧日立ディスプレイズを改組)
ジャパンディスプレイCEO
2013年 - 2015年
次代:
本間充