大塚恭司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
おおつか きょうじ
大塚 恭司
国籍 日本の旗 日本
職業 テレビプロデューサー
ディレクター
映画監督
ジャンル テレビドラマ
映画
活動期間 1987年 -
活動内容 1989年 : Mr.マリックの超魔術シリーズ
2004年 : 人類滅亡と13のコント集
2005年 : 女王の教室
2018年 : 高嶺の花
2019年 : 東京アディオス
2020年 : トップナイフ-天才脳外科医の条件-
事務所 日テレアックスオン
公式サイト Twitter
テンプレートを表示

大塚 恭司(おおつか きょうじ)は、日本のテレビディレクタープロデューサー映画監督日テレアックスオン所属。

経歴[編集]

慶應義塾大学在学中に、自主映画制作集団「ダイナマイトプロ」に参加。映画『シャッフル』『爆裂都市 BURST CITY』にスタッフ参加する。

大学卒業後日本テレビ放送網に入社。スポーツ中継、バラエティ班を経て、「11PM金曜日」の演出を担当。番組内で企画した『Mr.マリックの超魔術シリーズ』が大ヒットし、ゴールデンタイムに進出。以降8本のシリーズを全て構成、演出した。

その後『火曜サスペンス劇場』『金曜ロードショー』等のプロデューサーを経て、2005年に『女王の教室』で初めて連続ドラマを監督する。

2012年、日テレアックスオンに出向、他局の番組も手掛けるほか、土屋敏男が立ち上げた「LIFE VIDEO[1]」に参加し、個人・団体・法人等の「自分史ビデオ」のプロデューサー・ディレクターとして活動している。2019年には『東京アディオス』で映画監督デビューを果たした。

人物[編集]

  • 放送局の垣根を越えた企画としてNHK BSプレミアム プレミアムドラマの演出を手がけた。同じく、2013年2月にはNHKと日テレが共同制作した「60番勝負」に参加。翌日の日テレでの放送までに両局が5分間のミニドラマを制作する「24時間ドラマ対決」の担当者に指名され、番組で設定されたテーマに沿い、ファンタジーとホラーを組み合わせたドラマを、出演者・脚本などが決まっていない状態から制作した。大塚を指名したのは、共に観客として参加していた土屋敏男である。
  • “ジャパニーズモダン”な映像構成を得意としており、時折サブカル風の演出を織り交ぜる。
  • 山野一の作品集『混沌大陸パンゲア』巻末の解説にて「自身は躁うつ病であった」と語っている[2]

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

プロデュース[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]