大塚滋 (食物史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大塚 滋(おおつか しげる、1928年2月1日 - )は、日本の食品化学者、食物史研究者、小説家。専攻は食文化論、食品化学[1][2]

新潟県生まれ。大阪大学理学部卒。1961年「肝臓ニトロ基還元酵素系に関する研究」で理学博士大阪府立大学助教授、東洋食品工業短期大学教授、米国マサチューセッツ州ウースター生物学研究所研究員、武庫川女子大学教授、同生活美学研究所研究員、1998年退職。『文学雑誌』同人[3]

著書[編集]

  • 『ああ星条旗 アメリカの顔』朝日新聞社 1970
  • 『たべもの文明考』朝日新聞社 1971
  • 『未来のたべもの』山県和彦絵 ポプラ社の少年文庫 1972
  • 『食の文化史』中公新書 1975
  • 『たべもの文明考』朝日選書 1978
  • 『食の生活学』東京書籍 東書選書 1979
  • 『農業・園芸・水産業への道』(君たちの将来は)ポプラ社 1980
  • 『たべもの事始』淡交社 1984 『カレーライスがやって来た 日本たべもの事始』朝日文庫
  • 『しょうゆ世界への旅』東洋経済新報社 1987
  • 『<食>の昭和史 2 主食が変わる パン・麺』日本経済評論社 1989
  • 『味の文化史』朝日新聞社 1990
  • 『野の牝鶏』(小説集)編集工房ノア 1994
  • 『元気のでる野菜!』峰村りょうじ絵 健学社 栄養と健康・絵本シリーズ 1997
  • 『パンと麺と日本人 小麦からの贈りもの』集英社 1997
  • 『食育うんちく事典』健学社 2008

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • エリザベス・M・ウエラン,フレドリック・J.ステア『食卓の恐怖 食品神話の陥し穴』日刊工業新聞社 1976

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 『現代日本人名録』
  3. ^ 『文藝年鑑』2008