大塚進弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大塚 進弘
おおつか のぶひろ
生年月日 (1952-04-01) 1952年4月1日(67歳)
出生地 福岡県直方市中泉
出身校 九州工業大学工学部
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2019年4月26日 - 現職
テンプレートを表示

大塚 進弘(おおつか のぶひろ、1952年4月1日[1] - )は、日本政治家福岡県直方市長(1期)。

来歴[編集]

福岡県直方市中泉生まれ。直方市立中泉小学校、直方市立直方第一中学校、福岡県立鞍手高等学校卒業。1974年(昭和49年)3月、九州工業大学工学部卒業。民間会社に勤務[2]

1978年(昭和53年)5月、直方市役所に採用される。総合政策部長などを歴任。2011年(平成23年)6月1日、副市長に就任。2015年(平成27年)4月26日、退職[1]中小企業診断士の資格を持つ[3]

2018年(平成30年)11月21日、任期満了に伴う直方市長選挙に立候補する意向を表明した[4]

2019年(平成31年)4月21日に行われた市長選に自由民主党国民民主党の推薦を得て立候補。現職の壬生隆明との一騎打ちを制し、初当選した。敗れた壬生はぼうぜんとして「何が敗因か分からない」と述べた[5]。4月26日、市長就任。

※当日有権者数:47,220人 最終投票率:55.84%(前回比:ポイント)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
大塚進弘67無所属14,111票54.85%(推薦)自由民主党国民民主党
壬生隆明66無所属11,614票45.15%

脚注[編集]

[ヘルプ]